POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

チョーキング 

さて、チョーキングについて少し触れてみましょう。

チョーキングとは、弦を押し上げて音程を変える

ギターには欠かせない技の1つです。

で、一言でチョーキングと言っても、様々なパターンの

チョーキングがあります。

ピッキングした瞬間に到達点まで行ってしまう

チョーキングや、音の到達点まで意図的にゆっくりと

音程を上げるやり方など。

基本的な技と言えども、ビブラートに次いで奥の深い

技と言っても過言ではないチョーキング。

チョーキングの音を一発聴くだけで、その人が

巧いかそうでないかが解かってしまう程です。


今回はそんな技的な部分はとりあえず置いといて、

まずは基本となる"やり方"、"フォーム"、そして

僕なりの"コツ"を紹介してみたいと思います。

やはり基本が出来てないと、技の部分に挑むには

なかなか難しいものがありますので。



ではまず、ここでは例として2弦15Fを使います。

1012221.jpg

"15Fで弦を押し上げて、17Fの音に到達させる"

ということをしていきますね。

まぁ、いわゆる1音チョーキングです。

15Fは音階で言うと"レ"の音です。

これを17Fの"ミ"の音まで上げてやります。


まずはそのやり方、そしてフォームですが、

この画像の時点で既にチョーキングをする

フォームになっております。

画像のように薬指で2弦15Fを抑えます。

この時に、画像のように中指と人差し指も

一緒に弦を押さえてしまいましょう。



で、このフォームの時点でのポイントですが…。

1012224.jpg

画像のように、感覚的には親指と人差し指で

ネックを握ってやる感じで構えます。

これは後で触れますが、チョーキングというのは

手首を使います。

その手首を使う時に、この親指と人差し指を

支点にして動かしますので、ここはシッカリと

握ってやらないとダメなんですね。



よくあるダメなパターンとして、下の画像のように

指1本だけで押さえて、更には指の力だけで

弦を押し上げている人がいます。

1012222.jpg

指だけの力でどうにかしようとすると、

どうしても画像のように他の指がフリーに

なってしまいます…。

これでは音は安定しませんし、なにより力が持たん。

1小節ずっと弦を押し上げたままのような

ロングチョーキングフレーズみたいな場合、

まず音程を持続するのは難しいでしょう。

出来たとしても それだけで精一杯になります。

あらゆる場面で もっと楽に弦を押し上げる為にも、

他の指も使ってやりましょう。



で、3本の指を使って弦を押し上げると

この様な感じになります。

1012223.jpg

この例では薬指でチョーキングをしていますが、

フレーズによっては人差し指、中指、小指で

チョーキングをする時が出てきますので、

小指でチョーキングする時は4本全部使ったり

中指でチョーキングする時は人差し指を

一緒に使ってやったりすると楽に出来ます。

そういう意味では一指し指でのチョーキングは

一番難しいですね。

どうしても人差し指1本でチョーキングを

してやらなければならないので。



で、先程から"弦を押し上げる"という風に

書いていますが、厳密に言うと少し違うんです。

先にも触れたように、実際には指の屈伸で弦を

押し上げるのではなく、弦を押さえている指の形は

ほぼそのままで、手首を使って弦を押し上げてやるのです。

1012225.jpg

この時、大事になってくるのが、密かなる親指。

手首を使って手を回転させることで弦を上に

引っ張ってやるのですが、手首を安定して回転を

させるには、親指をシッカリとネックに引っ掛けて

おくことが大事になってきます。

親指をシッカリ固定することで、綺麗に手首を

回転させることができます。

親指が固定されていないと、どうしても弦を

押さえている指の力に頼りがちになってしまうので

親指をシッカリ固定することを心掛けましょう。

手首の使い方に慣れてくると、そこまで気にする

必要はなくなってきますので。


回転させる動き的には、一枚目の画像の状態から

手のひらを上に向けてやる感じですね。

自分の右手の手首を、左手の親指と人差し指で

下から握ってやって、その状態で左手の手のひらで

右手の手首を叩く動きの感じ。

解からんかぁ~ww


「チョーキングやビブラートが安定しない」という方、

初心者の方は是非、この辺りの事を意識してみてください。
スポンサーサイト



カテゴリ: チョーキング

[edit]

Posted on 2010/12/26 Sun. 21:02    TB: 0    CM: 4




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。