POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

誤算 

あー、風邪引いた。。。

そして気分良く使っていた新しいピックを

早速一枚 失くしてしまい超絶ブルー。


今日くらいに動画を撮ろうと思ってたけど、

ちょっと調子悪いので来週に延期します。

寝不足なのにサムネ用のイラストを2日間

夜通しで描いてたのが効いたか…('A`)アウー

なので 来週頭に動画撮って 来週の末には

投稿出来たらなぁという予定になっちょります。


それ以前に、3日の日曜に石川県小松基地に

航空ショーを見に行く予定なんだけど、

天気の不安よりも体調的に行けるかな。。。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/29 Wed. 18:20    TB: 0    CM: 7

作業 

うむ、次の投稿曲も随分弾けるようになってきた。

投稿クオリティまで あとちょっとだ。


さて、日曜の話ですが 僕が車でいつもお世話に

なっているショップ(整備工場)に用事があって

ちょっくら行ってきました。



ここのお店、スーパー耐久レース(S耐)に

参戦されております。

で、そのレース車両なんですが…。

ごらんの通り 痛車です。

アリスソフトです。

エロゲですw


エロゲがS耐車両のメインスポンサーをする

時代とは…世の中変わったもんだ。

ここまでくると、まさに日本経済はオタクが

支えていると言っても過言ではないよなぁ。。。


でも痛車もこうやって トータルでデザインを

考えてカラーリングとしてやってしまうと

意外とこれはこれでカッコイイですよね。

単にキャラクターを単発で車にベタベタと

貼ってるだけの痛車は ちょっとアレですけど。


うん、来年の鈴鹿のS耐は応援に行こう。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/27 Mon. 21:20    TB: 0    CM: 4

ピック 

新しく買ったピックも感触が解かってきたので

ちょいとレビューがてら、ピックについて。



僕の使用頻度が高いピックが この3種類。

左から - JAZZⅢ(赤) - HISTORY - Jim Dunlop -


今まで一番よく使用していたのはJAZZⅢの赤。

JAZZⅢには赤と黒の2種類があり、色で材質が違います。

僕は黒は滅多に使わないですね。

なんかフィーリングが合わないです。

JAZZⅢの一番良い所は 耐久性が高いところ。

音も割りとオールマイティーな感じがして

僕は気に入って使ってます。


その次に使用頻度が高いのはDunlop。

材質はTortexで、0.88mmが好きですね。

現在のDunlopは仕様変更され、ロゴのカラーが

白になり、厚さの種類も増えましたね。

1mmが新しく出てたので試してみたいなぁ。

このDunlopは、個人的には使い易さはJAZZⅢより

良いんだけど、いかんせん磨耗が早い。。。

巻き弦を高速で刻んだら、一瞬で先端が変形しますw

耐久性の面でJAZZⅢにメインの座を奪われました。。。


で、お次に新しく買ったHISTORYピック。

「このピックはなんじゃいな?」と調べて見たら、

なんと島村楽器オリジナルらしいですね(^^;)

全然知らずに、触ってみた感触が良かったので

買ってみただけだったのですがw

厚さはミディアムとハードを買いましたが、

感覚的にハードの方が扱いやすい感じなので

現在ハードをメインで使ってます。


そしてこのHISTORYピック、使ってみると

かなりフィーリングが(・∀・)イイ!!

JAZZⅢとはまた違った感覚の良さがあります。

アタック音もJAZZⅢとは違ってマイルドな感じ。

形状ですが、JAZZⅢと比べて先端が長いので

ピッキングハーモニクスが若干やり難いかな。

まぁ これは慣れの問題だけどね。


材質は…ポリアセタールなのかな?

HISTORYピックオリジナルの材質ってのが

あるようだけど、これは違うみたい。

でも使った感じ 結構耐久性も高い感じなので、

ひょっとしたら このピックがこれからメインに

なっていくかもしれない。

それくらい僕にはフィーリングがピッタリ来た

イイ感じの新しいピックです。

    



カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2010/09/25 Sat. 15:25    TB: 0    CM: 4

お買い物 

今日はお墓参りに行った帰りに

京都カナート洛北店の島村楽器に寄って

お買い物をしてきました。



僕が大体いつも行く楽器屋さんは

ここの島村楽器さん。

車椅子でも店内をウロつける唯一の楽器屋。

かつてのj.customもここで購入してます。

当時の担当の店員(店長)さんは もういないけど。。。

当時のその店員さんはイングヴェイとかが好きで

色々話ていても凄く楽しかったんですよね。

だからなのかは解からないけど、

その当時に比べたら ロック系なギターって

もう全然置いてないんだよね。

当時はメタル系やハードロック系のギターが

結構置いてあったんだけど 今は入門用の楽器や、

流行りの脱力系ロックとかそんなのが使うような

当たり障りのない楽器ばっかり。。。

大体…そもそも脱力系ロックってなんだよ。

脱力してたら その時点でロックじゃねーだろww

ロックなら気合を入れて頭振りやがれ。

ロッカーが時代に飼われてんじゃねーよ。

と…そんな愚痴は置いといて。


購入したのはコチラ。

9232.jpg

スケール本、ピック、コンパクトエフェクター。

ピックは本来、いつも使っているJAZZⅢ(赤)を

買うつもりだったんだけど…赤だけ売ってなかったorz

仕方なしに新種のピックを買ってみた。

でも今はあれだね、ジャズ型の小さいピックが

結構色々な種類出てるんだね。

昔はJAZZⅢくらいしかなかったんだけど。

今回買ったこのピックも 小さいタイプ。

ミディアムとハードを5枚ずつです。


で、コンパクトエフェクターのPS-6。

これは今月に出たばっかりのBOSSの新製品。

いわゆるピッチシフターですね。

店員さん曰く、コレが今メチャクチャ売れてて

在庫が追いつかない状態になってるそうな。

実際 今日買ったコレも在庫は無く、

展示品の一品限りの状態でした。

みんなそんなにピッチシフターが欲しいのか?w

あんまりそうは思えんのだが…。

そんなに使うモンでもなかろうに。。。


まぁ、どれ程のモノかは まだ使ってないので

レビューは後ほど。

  



カテゴリ: お出掛け

[edit]

Posted on 2010/09/24 Fri. 00:26    TB: 0    CM: 6

H.O.T.D 

あずにゃんprpr


本日発売 黒崎真音ちゃんのデビューアルバム、

「H.O.T.D」を iTunesでだけど購入しました!

9221.jpg

"君と太陽が死んだ日"はネ申過ぎる曲だ…。

いや~、第1話のエンディングでこの曲を聴いて

「買わなければ!」と思った時から長かったなぁ。。。


アニメH.O.T.Dも第2期を激しく希望。




カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/22 Wed. 22:10    TB: 0    CM: 0

ピッキング 基礎練編 その1 

さぁさぁ、いよいよピッキングの基礎に

突入いたしますよー。


基本的には 基礎練はスケールと併用して

練習していくと一石二鳥なのですが、

いきなり初心者の方にスケールの話とか

言い出しても 訳が解からんと思うし、

ここではスケールとか そんなの関係無しで

誰でもピッキングの基礎練が出来るやり方を

紹介したいと思います。


あと、基礎練をするに当たっての音色ですが、

歪みやリバーブなどのエフェクトは

一切、全部外して(0にして)しまいましょう。

練習段階で誤魔化しをしていては

いざ本番で弾けないという事になりますので。

それでは練習しても何の意味も無いですから。

どうしても最初は やり難いのであれば

少しだけ歪みを足したくらいの音色に

しておきましょう。


で、まず練習に必要になってくるのは、

リズムマッシーンやメトロノーム等の

リズムを刻む為の機械。

これは絶対に必要になります。

持ってない人は必ず買いましょう。

リズムマッシーン無しでの練習なんて

絶対に上達しません!


という事で、とりあえずここからは

リズムマッシーンありきという設定で

話を進めていきますよ~。


てな感じで、こんなモンを作ってみた。

ジャンッ!

kiso01.jpg

これは、どこのどんな教室へ行こうと

必ず教わるであろう、初歩中の初歩の練習法。

しかーし!

初歩だからと言って馬鹿にしてはならない!

これをどれ程のクオリティで出来るかという事が

自身のギターレベルにも関わってくるのです。


では解説。

これは単純にオルタネイトピッキングのみで

プレイしていきます。

ダウン、アップ、ダウン、アップ…。

左手は人差し指、中指、薬指、小指の順で

5・6・7・8フレットを押さえていき、

帰ってくる時はその逆で。

で、最初は自分が確実に弾ける速さから始めます。

サンプル音源を作ってみたのでドーゾ。

※サンプル パターン1

前半は♪=80で、後半は目標速度の♪=180です。


どうですか?

ゆっくりだと問題無く出来そうだけど、

速くなると なかなか綺麗に弾くのは難しい。

注意するポイントは、弦が変わる瞬間の所。

一番最初で言うと6弦8フレットから

5弦の5フレットにピックが移動する際、
 
6弦と5弦の内側を弾く"インサイドピッキング"になるので、

5弦に移動する際にピックが6弦に擦ったり、

アップピッキングを空振ったりしないよう、

しっかりと音を出す意識をして弾いていきましょう。

慣れてきたら右手はアップからのオルタネイトも

練習していきましょう。


パターン2は、パターン1が一通り出来た人用。

やる事は全く同じです。

弦飛びフレーズなので、ミュートをしっかりして

雑音を消す事を意識して練習していきましょう。

※サンプル パターン2

若干、全体的にミュート気味で弾くと

割と綺麗に弾き易いです。

サンプルくらいの雑音なら許容範囲なので、

これ以上の雑音が出ないように頑張りましょう。


このパターン1は 僕も未だにやってます。

「あれ?ちょっと調子悪いな…」とか

「右手のツブが揃わないな…」という時は

必ず練習するようにしています。

基礎ってそういうモンだと思います。

出来るようになったから終了~♪ ではなく、

いつどんな時でも行うから基礎なのです。


まぁ確かにこんな練習ばかりしていても

面白くもなんともないし、これでギターを

弾く事に飽きちゃったら本末転倒なワケで、

とりあえずはギターを手に取った最初と、

ギターを弾き終える最後に ちょっとだけでも

このパターン1の練習をするという、

日々の習慣みたいにしてみてください。


※ ※ 基礎練編 その2へ ※ ※



カテゴリ: ピッキング

[edit]

Posted on 2010/09/21 Tue. 19:41    TB: 0    CM: 6

休憩 

はぁ、なんとかニコ動にも投稿は出来たし、

ここらでちょっと一段落。。。

残念ながら動画は埋もれちゃったかな(´・ω・`)

ま、それはそれで平和でイイでしょう。


やっと これからまたブログの方も

またちょこちょこ書いていけるかな~。

そして次の曲の練習もスタート。

ちなみに 次に投稿する曲はもう決めてます。

申し訳ないですが、もう一度ニコ動です(^^;)

でも次はj.customで ちょっと本気出します。

っていうか、j.customでないと弾けないような

かなりハードな曲です。


っていうか、そもそも弾けるかな…。

うん、がんばろぅ。。。

自分のスキルアップの為にも。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/20 Mon. 18:23    TB: 0    CM: 4

ネイティブフェイス 



あー、やっと投稿出来た!

今回、ニコエンコというソフトを使って

エンコードしてみたのですが、

いざ作って投稿してみると…カクカクしてる。。。

PC上でのデータを再生すると綺麗なんだけど

投稿したニコ動を再生すると なぜかカクカク…。

色々設定をイジってテストしまくってました。

投稿しては消しの繰り返しで、テスト投稿中に

マイリス入れてくれた人がいたんだけど、

ホント申し訳なかったですm(__)m


なんとかカクカクしない程度の画質に設定して

少しは見れるレベルにはなったと思います。

で、最終チェック中にコメ番1を視聴者の方に

先取りされてしまいましたwww

一応自分で「1」というコメは入れときましたがw

こんな事ってあるんですね(・ω・;)

どうやって動画を見つけられたのか…。


ニコ動に投稿するには、エンコードについて

ちょいと勉強しないといけないなぁ。

詳しい人いたら誰か教えてください。。。


そして曲のネイティブフェイス。

いやー、かなり難しかったです。。。

もうちょっと練習してから録ってれば

危い部分も綺麗に弾けてたとは思いますが

"動画を投稿しよう!"というテンションが

あるウチにさっさと弾いて投稿してしまわないと、

曲を弾けるようになった時点でテンションが

自分の中で終わっちゃうんですよね。

Youtubeでの投稿感覚が長いのは

この所為なんです…スミマセンm(__)m


まぁ、そんなこんなで何とか完了です。

最後に。

一般会員でサーセンwww

凛奈





カテゴリ: 動画

[edit]

Posted on 2010/09/18 Sat. 03:17    TB: 0    CM: 20

準備 

ふっ…けいおん!!最終回。

…泣いたぜ。

最終回だけあって 作画さんとか撮影さんとか、

力入れまくってたのが 凄くよく解かった。

って、けいおんの話は置いといて。


現在、動画投稿の準備をしております。

ネイティブフェイス…「これ一発録り出来るんかぃな」

と かなり苦戦してます('A`)

で、練習もだけど ニコ動に投稿するには

自分でエンコードとかしなきゃいけないので、

むーん、時間が無ぇ~。。。



なんとか今週末…土曜日には投稿したいと

思ってますので、時間的にそれまでブログ更新は

出来ないかもしれませぬ。。。

まだまだ練習しないと一発では弾けん。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/15 Wed. 14:11    TB: 0    CM: 6

帰還 

あ~、昨日は体調が悪くて倒れてました。

せっかくの土曜日が。。。



それはそうと、総合火力演習の撮影の為に

友達に貸していたビデオカメラが帰ってきました。

これで動画が撮れるざます。


で、今 東方のアレンジ音楽にハマってます。

ガチでプロの人がサークルやってたりしてて

クオリティもハンパないものが多い。

もはや同人なんてレベルじゃない。。。

最近の東方ってこんななってんのね(・ω・;)


僕は東方の中身については全然知らないです。

むしろ知らないようにしてる感じ。

知ってしまうと収拾付かなくなっちゃいそうでw

でも音楽の方は色々聴いてるんですが、

自分の中で今ちょっとキテますね。


そんなワケで、東方の"ネイティブフェイス"

という曲を弾いてみたりしてるんですが、

普通に難しいぞ…。

そもそもギターで弾く曲じゃないけど。

ニコ動とかギターで綺麗に弾いてる人いるけど、

巧過ぎやww

次はこのネイティブフェイスを弾いて

僕もニコ動にでも投稿してみようか。

ま、荒れるのは覚悟の上で。


Youtubeで次を待ってくれてる人には

申し訳ないですけど。。。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/12 Sun. 22:20    TB: 0    CM: 6

Elixir 

イシバシ楽器でギターを買った時のポイントが

沢山残ってたのを思い出し、弦を購入しました。



ずっと愛用の弦、Elixir(エリクサー)です。

ゲージは殆どのギターに.009~.042を使ってます。

へっへっへ…ポイントのおかげでエリクサーを

3セットも買って 料金は送料代のみでした。


今回購入したのはナノウェブ×2とポリウェブ1つ。

エリクサーを愛用とか言っておきながら

実はナノウェブしか使ったことがありませんでした。

なので、これを機会に1回ポリウェブの方を

試しに使ってみようと思って買ってみますた。


まぁ、メーカーの謳い文句は "ナノウェブの方が

コーティングが薄くて より自然なフィーリングが

味わうことが出来、ポリウェブの方はガッツリと

コーティングしてあるので耐久性はバツグン"

…とあります。

さてさて、どんなもんじゃろかと開封してみると…。

ポリウェブの巻き弦(4~6弦)には本当に

ガッツリとコーティングがしてあります。

なんだか弦の色が白色です。。。

ナノウェブの方はパッと見、普通の弦と違いは

ないんですけどね。

ポリウェブは明らかに何かが巻いてありますw

※写真撮ってみましたが、さすがに写真では違いが解かりませんでした。


では早速、弦を交換してフィーリングチェック。

う~ん…ハッキリ言って違いが解からん。。。

むしろ個人的にはポリウェブの方が

自然な感じがするのは気のせいだろうか。

ナノウェブは1~3弦が明らかに普通の弦より

コーティング分の太さを感じるんですよね。

でもポリウェブはあんまりコーティング感を

感じないぞ(・ω・)???


音に関しても、まぁ"エリクサー"って感じで

ナノウェブとポリウェブの違いは殆ど無し。

実際 違いなんて耐久性くらいなのかな?

エリクサーを使ってる人は解かると思うんですけど…

9092.jpg

ある程度弾いていると、コーティングが剥がれて

画像のように毛羽立ってきます。

この画像はナノウェブの弦なんですけど、

これがポリウェブだと何か違いが出てくるのか。


状況によっては今度からポリウェブにしようかなぁ。

個人的にフィーリングはポリウェブの方が

なんかシックリくる。

ナノウェブを2セット買っちゃったけど。。。




カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2010/09/10 Fri. 02:25    TB: 0    CM: 4

けいおん!! 



番外編が あと2話あるとはいえ、

いよいよ来週で最終回か…(´・ω・`)

ここ3週連続で所々 ウルッと来てしまう

シナリオだったので、最終回から番外編にかけて

どんな終わり方をするのか楽しみだな。

京アニさんの演出は素晴らしいよ、全く。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/09 Thu. 01:14    TB: 0    CM: 4

Valente 


メーカー:Violin Palette
機種:Valente
型式:EVN-37
カラー:BL

言わずと知れた エレキバイオリンです。

入門機的なモノなので、とても低価格。

実は最近 ヴァイオリンを始めました。

と言っても、またしても"独学で"ですがww


まぁ弦楽器の基本的な事は既にギターで

学んでいるし、練習すべき事なんかは

同じなので、今更習う必要もないかな~なんて。

本格にヴァイオリンをやっている人からしたら

怒られちゃいそうですが(^_^;)


ギターと同じノリで始めたヴァイオリンですが

まぁ~難しいのなんのって。。。

ハッキリ言って、ギターで培った技術など

全くの無意味という事を思い知らされました。

「さすがにこれくらいギターを弾けてりゃ

そこそこは出来るようになるんでない?」

なんて考えを持ってましたが、甘かった。。。

ただ、弦楽器を弾く上での"加減"や"感覚"

といったものは有利には働いてますけどね。

9071.jpg

さて、このエレキヴァイオリン。

エレキなので、ケーブル(ギターで言うシールド)を

繋げば勿論アンプから音を出せます。

で、アンプには繋がずに生で弾くと

静かなのかというと…結構な音量です。

さすがヴァイオリン(汗

エレキギターの生音のイメージは捨てて下さい。

むしろ、エレキギターをアンプに繋いで

結構大きめの音量で弾いてる時くらいの

音が生で出ます。

かと言って、生ヴァイオリンの音量は

そんなモンの比ではないので、練習用としては

これでも結構便利な代物。

素人のヘタクソな不協和音をご近所に向けて

掻き鳴らすワケにはいきませんのでw

その為にエレキヴァイオリンをチョイスしました。


音色や質について、ヴァイオリンに関しては

完全のド素人ですので解かりませぬ。

むしろ生ヴァイオリンの音というモノを

聴いたことすらないですし。。。


とりあえずはオモチャ感覚で使っていますが、

上達への道はかなり厳しいです。

それくらいヴァイオリンとギターは

別次元ものモノ。

まだまだ人にお聞かせ出来るレベルでは

到底ありませんが、地道に練習頑張ってますw



カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2010/09/08 Wed. 00:59    TB: 0    CM: 14

Gacharic Spin 

Youtubeのプロフィールにも書いてますが

僕は楽器、音楽、全て独学です。

レッスンとか1回も行ったことなくて、

誰かに教えてもらったりということもなく、

自分で本を買い、教則DVDを観てきただけの人間です。

なので、未だに音楽理論についてとかは

解説してくれているサイトを見たり、

動画を探したりして勉強してます。

そして教則シリーズを色々見ていたら

なんだか発見した動画がこちらw



Gacharic Spinというバンドのドラムの子がやっている

教則DVDなのですが……普通にウメェ(汗

ガールズバンドでドラムがこれだけシッカリ且つ

ロックしてるのは、SHOW-YA以来じゃないか?

そして この叩いている時のスタイルや

フレーズからは想像も出来ない萌え…ゲフンゲフン

女の子らしい感じのギャップに驚きです。

しかもこのGacharic Spinというバンド、

結構クオリティが高いんです。

特にベースの子のスラップが巧くて、

思わず「(;゚д゚)スゴ…」と驚きました。

Gacharic SpinのPVはこちら。

ちなみにGacharic Spinのギターは

元EU・PHORIA(ユー・フォーリア)の

ギターの子だそうですね。


あぁ…EU・PHORIA解散しちゃったんだよね(´・ω・`)

ボーカルの子の声がツボで好きだったのに…。

将来楽しみにしてたのにな。。。

よ~し、おじさんEU・PHORIAを宣伝しちゃうぞ。




カテゴリ: 動画

[edit]

Posted on 2010/09/07 Tue. 02:48    TB: 0    CM: 4

j.custom 

_01_20130207122959.jpg
メーカー:Ibanez
機種:j.custom
型式:IRG8470
カラー:NT
シリアルNo:F0727053

Ibanezのj.customシリーズの中でも最高峰クラス。

2006年製のj.customです。

カラーはイシバシ楽器オリジナルのNT(ナチュラル)。

いわゆるカタログ外モデルですが、仕様についてはRG8470Fと同じです。


僕は、自分の技術では30万クラスのギターなんて勿体無いと思って

今まで10万円台レベルのギターをずっと使用してきました。

勿論10万円台のギターで充分満足してたし、ライブでも音録りでも

性能面としても個人的には充分事足りてました。


で、今までかなりの頻度で使っていたJCRG-3のフレットが

随分と削れてきたので、リペアに出してみようと思っていたら

これが意外と値が張ることが判明…('A`)

全ては特殊バインディングの所為だ。。。チクショー


それならば「…新品買っちゃおうかな」という感じで、

昔からずっと欲しかった最高峰クラスのj.customを一生モンとして

買っちゃえーぃ!という決心で購入。

そして、さすがに今の技術なら、これくらいのギターを持っていても

もう恥ずかしくはないだろう…という思いもあり、

「いいよね?…もうゴールしてもいいよね??」

と自分に言い聞かせて買っちゃいました。


いざ、音を出してみると…それはもう感動もの。

他に所有しているj.customと仕様や材に違いはほぼ無いにも関わらず

明らかに感じることのできる音の違い。。。

ハッキリ言って桁違いの音質です。

音の太さと抜けがハンパないッス……さすが上級クラス。

なぜこんなに違いがあるのか全くの謎です。

そして間近で見て触ってみると、P.Uやスイッチ、ノブ等の組み付けが

とてもシッカリと…美しく、良く出来ています。

中級クラスと上級クラスの値段の違いは、こういう細かい所にも

色々とあるんだな~と納得。




_04_20130207122957.jpg

で、この年代辺りからj.customの性能の謳い文句にある1つとして、

フレットの球面加工というモノがあります。

なんと、フレットが丸いです。

「こんなモンで何が変わんねん」と僕は思ってましたが、意外や意外。

これが弾いてみると、なんだか凄く気持ちがイイんです。

何がどうという程のモノではないんですけど、明らかに伝わってくる

フィーリングの良さがあります。

これは新体験です。




_02_20130207122958.jpg

そして背面を見ると この親切設計。

弦交換やバネ調整をする為に、カバーに穴開いてます。

調整する時にわざわざ蓋を外す手間が要らない。

これはロック式愛用者としては たまらん。

面倒だからって、蓋を外しっぱなしなんてのは見た目的に僕は嫌なのでw




_03_20130207122958.jpg

そして旧式からの進化で一番のポイントはブリッジ(トレモロ)。

見た目にそんなに違いは無いんですが、なんとこの新型ブリッジ。

弦の交換時に ボールエンドをカットする必要がなくなりました。

新たな弦を 先程の裏の蓋の穴からそのまま通すだけでいいのです。

おそらく、今まで通りカットして固定する事もできます。

これは超便利!


と、こんな感じで弾き易さ、音、質、使い勝手と、全てにおいて

完璧にユーザーの欲求を満たしてくれるIRG8470クン。

普段の練習に使うには勿体無さ過ぎて使えません(^^;)

音録り本番一発用として王の座に君臨しております。



カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2010/09/05 Sun. 18:34    TB: 0    CM: 6

シールド 

今日、シールドを買い替えました。

シールド買うなんて10年ぶりくらいだw

ちなみに今まで使ってたのがコレ。

9041.jpg

高校生の時に買ったEx-proのシールド。

5mのS-Sタイプ。

僕はシールド類は全てEx-proを使ってます。

中学生の時はヴァイタルオーディオとかの、

5mが\3,000弱くらいの安モンを使ってました。

お金無いからねw

でも「1回シールドのイイやつ買ってみようかなぁ」と

思って奮発してコレを買ったんですよ。

そしたら…あまりの音の違いにビックリ!!

たかがシールド、されどシールド。

シールドをナメてはダメよ、みなさん。

どんな良いギターや、アンプを使っていようと

シールドに安物を使ってたら機材の性能を発揮できません。

ハイオク指定のスポーツカーにレギュラーガソリンを

入れているようなモノ。(解かり難いかw)

僕はそれ以来、シールドはEx-proに揃えました。


「シールド如きに金使ってられねぇよ」というアナタ。

誰もが最初はそう思うのです。

でも騙されたと思って、懐に少し余裕がある時に

良いシールドを買ってみてはどうかな?

自分の求める良い音への扉が1つ開かれるハズです。


まぁ、んなことはどうでもイイとして、

今回チョイスしたのはこちら。

9042.jpg

同じくEx-proですが、現行商品のシールド。

FLシリーズというやつのS-Lタイプの3m。

最近は他にも素晴らしいシールドが沢山

あるみたいですが、調べるのも冒険するのも

面倒くさいのでEx-proです。

Ex-pro買っときゃ失敗はないしw


さてさて、早速使ってみたインプレですが…。

ぜ…全然違うやないか。。。(汗

今までのEx-proのシールドと安物でも

全然違ったのに、今回は同じEx-proでも

更に違いました。。。


顕著に違いがあったのは、まずノイズが消えた。

そしてサスティーンが異様に伸びた。

この2つですね。

明らかにノイズが消えたことで 音の芯も

心なしか太くなったようにも聴こえる。

今までのシールドが10年選手なので 経年劣化や

5mから3mになったことによる影響を考えても

正直、これは驚きました。

これが時代の進化というやつなのか。。。


ね、こうやってシールドを替えることにより

サスティーンが伸びる→歪みやコンプの設定値を

抑えることができる→より芯のある太い音にできる…

と、ループしてくるワケですよ。

今までエフェクターをどんなにイジくっても、

アンプを買い替えても、どうにもならなかった

根本的な音の問題が 極端だけどシールド1本でも

解消できたりするのですよ。


もう一度言います。

安物のシールドを使っているアナタ。

シールドをナメてはダメですよw




カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2010/09/04 Sat. 20:33    TB: 0    CM: 8

ピッキング フォーム編 その5 

今月で"けいおん!!"も"H.O.T.D"も"メイド様!"も

終わってしまうのか…(´・ω・`)


さてさて、ちょっと間も空いたことなので

またピッキングフォームについてのお話でも

していきましょうかね。

では、ギターを弾いているビギナーの方達、

6弦から1弦に向かってタラタララ~と弾いていく時の

右手の動きを意識した事ありますか?

うむ、何が言いいたいか 画像で説明していきまひょ。


まずこちら。(寝間着でスンマセンw)



6弦を弾く時、まぁこうなりますわね。

で、1弦方向に向かって下降していく時の

右手の動きに気を付けてほしいんです。

弦移動をする時は、この6弦を弾いている時の形のまま

移行していかなければなりません。

こんな感じに。

9022.jpg

これは、弦に対してピックの当たる角度を揃え、

音にムラを無くす為です。

ピッキングのフォームとして、これは基礎になります。

これは参考ではなく、絶対に実践しなくては

ならないと言っても過言ではないくらい重要な事です。


で、数年ギターをやっている中級者の方でも

よくありがちなのが、6弦を弾いている時の位置を

支点にして手首だけで下げていってしまうパターンです。

9023.jpg

これは6弦と1弦を弾いた時に、弦に対してピックの

当たる角度も位置も変わってしまい、

音に安定感が無くなってしまいます。

ゆっくりなフレーズを弾く時は出来てても、

速いフレーズを弾く時や 焦ってしまったりすると

こういう形になる人は結構居ます。

どの弦を弾く時も、基本は常に同じ形で、

位置で弾かなくてはなりません。

今一度、右手の動きを注意してみましょう。


これを身に付けてしまえば、最終的には

あれゆるフレーズの弾き易さが格段に上がりますよ。


※ ※ フォーム編 その4へ ※ ※



カテゴリ: ピッキング

[edit]

Posted on 2010/09/02 Thu. 15:16    TB: 0    CM: 6




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。