POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

音ズレ修正 



つべに投稿した"紅"の音ズレが微妙に気になり、

音ズレ修正版をニコ動に投下しておきました。

Xとかメジャーな曲、趣味な楽曲やネタ的なモノなど

Youtubeとニコ動と動画内容は分けていたのですが、

修正版をつべに投稿すると、以前の動画と重複するのが

嫌だったので、ニコ動の方に上げておきました。

そして、前の動画を消すと、コメントとかくれた方々に

申し訳なく、どうしても消したくはなかったので。

まぁ、ニコの方にもXの一曲くらいはいいかな、と。


動画の内容は全く同じモノなので、

つべの方を既に観てくださってる方々には、

今更 観る必要はないと思いますけど(^^;)

画質も低いですし。
スポンサーサイト



カテゴリ: 動画

[edit]

Posted on 2010/12/29 Wed. 19:43    TB: 0    CM: 4

仕事納め 

今日は会社の大掃除もして、その後に

忘年会的お食事会がありました。

例のプレゼントも ちゃんと人の手に

渡って行きましたww


さらに、バンドをやっていた頃のボーカルの

友人から先日突然の連絡があり、今日帰ったら

ウチに来てもらう約束をしていました。

そして久々の再開。

会うのは もう何年ぶりやろぅ…。

久々に会うとそれはそれは楽しくて、

随分長々とお話ししてしまいました。

久しぶりに沢山喋って疲れてしまった。。。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/28 Tue. 22:09    TB: 0    CM: 2

チョーキング 

さて、チョーキングについて少し触れてみましょう。

チョーキングとは、弦を押し上げて音程を変える

ギターには欠かせない技の1つです。

で、一言でチョーキングと言っても、様々なパターンの

チョーキングがあります。

ピッキングした瞬間に到達点まで行ってしまう

チョーキングや、音の到達点まで意図的にゆっくりと

音程を上げるやり方など。

基本的な技と言えども、ビブラートに次いで奥の深い

技と言っても過言ではないチョーキング。

チョーキングの音を一発聴くだけで、その人が

巧いかそうでないかが解かってしまう程です。


今回はそんな技的な部分はとりあえず置いといて、

まずは基本となる"やり方"、"フォーム"、そして

僕なりの"コツ"を紹介してみたいと思います。

やはり基本が出来てないと、技の部分に挑むには

なかなか難しいものがありますので。



ではまず、ここでは例として2弦15Fを使います。

1012221.jpg

"15Fで弦を押し上げて、17Fの音に到達させる"

ということをしていきますね。

まぁ、いわゆる1音チョーキングです。

15Fは音階で言うと"レ"の音です。

これを17Fの"ミ"の音まで上げてやります。


まずはそのやり方、そしてフォームですが、

この画像の時点で既にチョーキングをする

フォームになっております。

画像のように薬指で2弦15Fを抑えます。

この時に、画像のように中指と人差し指も

一緒に弦を押さえてしまいましょう。



で、このフォームの時点でのポイントですが…。

1012224.jpg

画像のように、感覚的には親指と人差し指で

ネックを握ってやる感じで構えます。

これは後で触れますが、チョーキングというのは

手首を使います。

その手首を使う時に、この親指と人差し指を

支点にして動かしますので、ここはシッカリと

握ってやらないとダメなんですね。



よくあるダメなパターンとして、下の画像のように

指1本だけで押さえて、更には指の力だけで

弦を押し上げている人がいます。

1012222.jpg

指だけの力でどうにかしようとすると、

どうしても画像のように他の指がフリーに

なってしまいます…。

これでは音は安定しませんし、なにより力が持たん。

1小節ずっと弦を押し上げたままのような

ロングチョーキングフレーズみたいな場合、

まず音程を持続するのは難しいでしょう。

出来たとしても それだけで精一杯になります。

あらゆる場面で もっと楽に弦を押し上げる為にも、

他の指も使ってやりましょう。



で、3本の指を使って弦を押し上げると

この様な感じになります。

1012223.jpg

この例では薬指でチョーキングをしていますが、

フレーズによっては人差し指、中指、小指で

チョーキングをする時が出てきますので、

小指でチョーキングする時は4本全部使ったり

中指でチョーキングする時は人差し指を

一緒に使ってやったりすると楽に出来ます。

そういう意味では一指し指でのチョーキングは

一番難しいですね。

どうしても人差し指1本でチョーキングを

してやらなければならないので。



で、先程から"弦を押し上げる"という風に

書いていますが、厳密に言うと少し違うんです。

先にも触れたように、実際には指の屈伸で弦を

押し上げるのではなく、弦を押さえている指の形は

ほぼそのままで、手首を使って弦を押し上げてやるのです。

1012225.jpg

この時、大事になってくるのが、密かなる親指。

手首を使って手を回転させることで弦を上に

引っ張ってやるのですが、手首を安定して回転を

させるには、親指をシッカリとネックに引っ掛けて

おくことが大事になってきます。

親指をシッカリ固定することで、綺麗に手首を

回転させることができます。

親指が固定されていないと、どうしても弦を

押さえている指の力に頼りがちになってしまうので

親指をシッカリ固定することを心掛けましょう。

手首の使い方に慣れてくると、そこまで気にする

必要はなくなってきますので。


回転させる動き的には、一枚目の画像の状態から

手のひらを上に向けてやる感じですね。

自分の右手の手首を、左手の親指と人差し指で

下から握ってやって、その状態で左手の手のひらで

右手の手首を叩く動きの感じ。

解からんかぁ~ww


「チョーキングやビブラートが安定しない」という方、

初心者の方は是非、この辺りの事を意識してみてください。



カテゴリ: チョーキング

[edit]

Posted on 2010/12/26 Sun. 21:02    TB: 0    CM: 4

年末 

いや~、毎年この年末間近の時期になると、

特に仕事が忙しいワケでもないのに

何だか色んなことでバタバタしてしまいますね。。。


で、以前にも少しお話したチョーキング解説に向けて

ちょこちょこ準備してます。

写真撮ったり、どういう風に書けば解かり易く

伝わるか あれこれ文面をどうするか考えたり。

さすがに映像や音でないと説明出来ないことも

ありますけど、とりあえずは文章でも伝えることが

出来そうなことからやっていこうと思います。


この"感覚が全て"的なモノを人に伝えるのって

ホントに難しいや。。。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/24 Fri. 02:06    TB: 0    CM: 2

リピート 

昨日からLoudness(ラウドネス)の

"Soldier of Fortune"が止まらない。

お恥ずかしい話、正直ラウドネスって

バンドの名前こそ知ってたものの、

曲とか全然知らなかったんですよね。

で、適当にYoutubeを色々観ていたら

たまたまSoldier of Fortuneの動画に

辿り着いたんですよ。

そしたらちょっとハマっちゃって。


しかもこの曲を歌ってるのがイングヴェイの

アルバムにも参加していたマイク・ヴェセーラ

じゃないですか!

僕はこのヴェセーラの声がたまらん好きなんです。

なので余計に気に入っちゃいまして。

で、iTunesで調べたらstoreで売っていたので、

即効で購入しました。

もし興味があったら聴いてみてください。

とにかくヴェセーラの声はシビれまくる!


ラウドネス詳しい人で、お勧めの曲や

アルバムとかあったら教えてください(`・ω・´)



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/21 Tue. 21:19    TB: 0    CM: 8

プレゼントとか 

今年の仕事最終日の28日に忘年会 兼

パーティー的なモノがあるのですが、

会社の人から電話掛かってきて

「プレゼント交換的な事もするから

誰かにあげるプレゼントも買っときや!」

とか言われました(-_-)エッ…


おいおい、来週なのにそんなん今から

買いに行ってる暇とかねーだろ。。。

とか思いつつ承諾。

大体プレゼントをあげる人なんて…。

僕は物を貰うのも好きではない人なので

こういう催しは好まないのですが。

う~ん…どうしよう。

お金は掛けたくないが、かと言って

へちょい物を用意はしたくない。

実際 良さげな物を探して買いに行ってる

暇もないので ネットで探してみるかぁ。


あ~ぁ…気付けばもうすぐ今年も終わりか。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/19 Sun. 21:15    TB: 0    CM: 4

工作 

今日は何だか仕事が暇だったので、

職場にあるルーター(先っちょがヤスリのドリル)を

ちょいと拝借して ペンタブのペンの芯を

独りでせこせこと作ってました。



以前の記事でも書いた 綿棒の芯ですね。

カットした先端を丸く削ることで、

より標準の芯の感触に近付けるのです。

中国様もビックリな 我ながらなかなかの

クオリティーだw

綿棒で替え芯を大量生産だぜー。

ヒャッハー


職場で作ってたので、見掛けた人がみんな

「さっきから何作ってんの?」

と聞いて来るので、最初の2~3人には1から

まずペンタブの説明から始め、なぜ芯が要るのか

細かく説明してたんですが、途中から説明するのが

面倒になってきたので、それからは「何作ってんの?」

と聞かれても「それは言われへんわ」の一言だけ

返事してました。

だって、せっかく1から説明しても「ふ~ん」で

終わっちゃうんだもんww


…フンっ。

どいつもこいつも、この苦労は解かるまい。。。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/16 Thu. 21:16    TB: 0    CM: 6

防災訓練 

が、今日職場でありました。

どこの会社でもそうだと思うんですが、

訓練時のあの間の抜けたような空気感って

何なんでしょうねw


そして、ウチの職場は一方通行の狭い路地の

中にあるにも関わらず、どデカイ消防車まで

一台突入して来ました。。。

どこまで本気やねん。

しかも消防隊員4人程と職員さんが別で2人。

さすがに近隣住宅に迷惑だろww

役所と一緒で消防も暇なんかぃ…。


軽く説明と消火器の使い方だけを実習して

訓練は終了。

あれでも仕事というか…出動は出動だから

たかだか小一時間とは言え、結構な税金が

動いてるんだろうなぁ。


間近で消防車の写真を撮るのにカメラを

持って行っときゃよかったかな。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/13 Mon. 20:47    TB: 0    CM: 4

引き出しの数 

ゴメンナサイ…最近 ブログを更新していない日は

ゲームをやっていると思ってくださいw

フレンドの人とCOD BOをやるのが楽しくて(^^;)

晩御飯を食べた後、寝る時間ギリギリまで

ついつい一緒にワイワイやっちゃうんですよね。。。


さて、今日はお昼の間に暇もあったので、

現在 超絶マイブームの絢辻さんを描いてみた。

あえて真っ白な感じでw

blog_20101212191946.jpg

個人的にはアニメ作画の絢辻さんの方が好きかも。

しかし…初めて描くアニメや漫画のキャラって

似せるのがとても難しい。。。

自分の手癖が全く通用しないからね。


でもこれはギターでも一緒だったりする。

今までやったことのないアーティストの曲を

コピーする時って、そのアーティストの手癖というか

運指を 自分に覚えさすのに苦労するんですよね。


そういう意味ではアニメの世界だと原画マンさんとか、

音楽だとスタジオミュージシャンとか、

この人達はホンマに凄いと思いますね。

決して自分の手癖とかを出してはいけないし、

全て人のモノを自分で表現(再現)しなきゃいけない。

これは技術は勿論、とてつもない引き出しの多さが

必要になってきますしね。

何にでも対応出来る技術ってのは、本当に素晴らしい。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/12 Sun. 21:10    TB: 0    CM: 0

教則シリーズ 

以前の記事でも紹介したGacharic Spin

今回は ギターのTOMO-ZOちゃんによる教則DVD。




…まず一言。


はい、この衣装反則~。

こんなんチートだ、チート。

けしからんな、全く。

萌え死にさせる気か。



ということで、教則DVDというモノですが。

このTOMO-ZOちゃんを見ても解かるように、

本当に基本(基礎)的なことを普通にしてるだけですが、

"巧さ"とはこういうことなんですよね。

ギターの技術に速弾きとかタッピングとか、

ぶっちゃけ そんなモン要らないんですよ。

そんな+αな技術よりも身に付けなくてはいけない事が

たくさんある…そんなことを改めて教えてくれる

ビギナーに易しい内容なDVD…という感じがする。


僕も教則モノを観て、読んで、独学でここまで

来た身の人間なのですが、いつも思うのが

教則ビデオやDVDの内容って、基本的にどれも

初心者に易しくないんですよね…。

「これさえやれば誰でもできる!」みたいな

モノに限って、いきなり中級者向けだったり

多くは専門用語のオンパレードだったりで

全くの初心者には絶対さっぱりな内容に思います。


実際、僕が持ってるイングヴェイの教則DVD…。

「こんなん教則じゃねぇし!!」

とテレビに向かってリアルに突っ込みましたw


その点、このDVDは本当にとても初心者向けな

感じが僕はします。

こういうレベルの事を教えている教則モノって

なかなか無いんですよねぇ。。。

とは言いつつも、このDVDの中身は観ていないので

僕が無責任に勧めることは出来ないのですが、

もしビギナーの方で基礎的な事に悩んでいる方は、

一度こういうモノも手に取ってみられてはどうでしょう?


この手のモノで、自分に合ったモノを探すというのは

結構大変なのですが、それでも自分に合ったモノが

見つかった場合、こういうモノはかなり役に立ちます。

基礎的なことは学んで、後は自分で応用する…

そんな感じで練習していけば、必ず道は見えてきます。

譜面を見てコピーしてるばかりが練習じゃないですよ。

まぁ、食わず嫌いはしないように…て事ですけどねw



カテゴリ: 動画

[edit]

Posted on 2010/12/09 Thu. 21:56    TB: 0    CM: 6

○○さんは裏表のない素敵な人です 

昨日、途中まで描いて止めた内の一枚。

名称未設定-1

まだまだ今日もこんな感じですが。

改めてランキングというモノの凄さを認識。。。


さてさて、アニメのアマガミも面白くなってきたなぁ。

絢辻さん、パネェっす。

まさかの展開にwktkです。

実況プレイで人気のくさやさんも帰って来てくれて

とても嬉しいッス!

僕もいつも楽しんで視聴させてもらってます。

続きが楽しみでならないのと同時に、

僕も原作(ゲーム版)が気になってきた今日この頃w



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/07 Tue. 20:39    TB: 0    CM: 12

驚愕 

黒辻…もとい、絢辻さんが素敵過ぎるwww


今日のお昼頃、仕事中に友達から携帯に

「ランキング入り、おめ」というメールが。

「…は?」

と思いましたが、どうやらニコ動に上げた方の

Rising Forceの動画がランキング入りしてるとのこと。


そんなバカな…と思いつつ、帰って来て見たら…

ホンマに入っとるがなー!

しかもギリギリとかじゃなく58位とか!

あんなに頑張ったネクロファンタジアがランク入りせず、

適当な気分で録ったRising Forceがランク入りするなんて。。。

嬉しいけど、ちょっと複雑な気分…(-_-)

まぁ、当たる時ってそんなモンなんだろうなぁ。

いや、正直驚きです。


これはもう動画を見てくださった方、コメントくれた方、

マイリスまで入れてくれた方々、感謝感謝でございますm(_ _)m

この喜びの気持ちを なんか絵に描こうと思いましたが、

ウマく描けなかったので途中で止めましたw

とりあえず、感謝の意をここに書いておきます。

いや~、嬉しいなぁ(´∀`)



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/06 Mon. 23:16    TB: 0    CM: 6

Rising Force 

ぶはっ。

なんだか勢いで録ってみた。

スキャロップなんて邪道だぜっ!



やっぱこのライブ版の速さが気持ちイイよね。

…おかげで弾けてないけどw


今回はYoutubeとニコ動、同時投稿です。

ニコニコ動画はコチラ

ニコ動にも上げたのは、エンコの数値を設定&記録したかったので。

なので、とりあえず内容は二の次って感じで弾きました。

そしてイングヴェイにハマっている今のウチに

動画も録ってしまえー!てな感じですw

ちょろっと練習した後に録った一発録りなので、

ちょいと音質も演奏もザチィですが、視聴してみてください~。




カテゴリ: 動画

[edit]

Posted on 2010/12/04 Sat. 21:12    TB: 0    CM: 15

リズム 

みなさん、リズム感ってどうですか?

音楽の三大要素に、リズム・メロディー・ハーモニー

とあるように、リズムとは音楽と切っても切れない

関係であると同時に、楽器を演奏する全ての者には

絶対にリズム感が無くてはならない とても大事なモノ。


技術、表現力、創作…これらには どれも少なからず

センスというモノが関係してくるものですが、

リズム感に関して言うと、センスは全く必要ありません。

僕はそう思ってます。


確かに、持って生まれた天性のリズム感を持った人

というのは 実際にたくさん居られます。

意識や努力をせずとも身に付けることが出来る人。

まぁ、これは所謂センスがある人ですね。

でも、このリズム感は特殊能力でもなんでもなく、

誰でも身に付けることが出来るモノなんです。

それは、日常における日々の音、音楽の聴き方次第で

どうとでもなります。


そもそも、極論を言うと「リズム感が無い」なんてことは

有り得ない事だと僕は思ってます。

リズム感が無いという人は、単にリズムの取り方を

知らないだけなんです。

リズムというモノを理解すれば、誰でも体得することが

出来るようになるハズです。

とは言っても、多少なりとも訓練は必要になります。

そして勿論、演奏者には確固たるリズム感を得る為に

日々の鍛錬は欠かせませんよ。


では、どうすればリズム感を養うことが出来るのか。

それは、先程も記したように まずはリズムというものを

理解することから始めましょう。

rizumu.jpg

これは簡単に書いてみた一小節の音符表ですが、

これをまずシッカリと理解し、意識すること。

楽器を弾く際、4分音符を弾く時に4分音符だけの

間隔でリズムを取っても、リズムは取り難いです。

4分音符を弾く際も、4分音符の間には8分音符があり、

16分音符も存在するので、4分音符の間にある音符を

意識すればリズムは取り易くなります。

「タ…タ…タ…タ…」と頭だけを取るのではなく、

「タツツツタツツツタツツツ…」という感じに。

ウラのリズムを取る時も、「ツ」の部分のどこに

「タ」が来ているのか、それを意識すれば

リズムを取り易くなるハズです。


これを意識しつつ、普段から音楽を聴く時には

アクセントをウラのリズム(ポイント)に合わせて

聴くようにしたりしてると、体が音符の間隔を

覚えるようになってきます。

音符の間隔を安定して体で覚えるまで、

リズムと音符の関係性を意識して音楽を聴きましょう。



カテゴリ: 豆知識

[edit]

Posted on 2010/12/02 Thu. 22:54    TB: 0    CM: 2




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。