POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

完成 



素組みから早1ヵ月、やっと完成したー!

もう毎日毎日、仕事の合間にチマチマと嫌になる程のマスキング作業。

モデラーの人が素晴らしいクオリティのモノを作り上げてるのは、ありゃマジで凄いわ。。。

今回の作業は繋ぎ目消し、スミ入れ、塗装と、あくまでも最低限レベルの作業だったので

ここから更に+αの技術を駆使して仕上げていくというのは凄い集中力と忍耐力だなとw




_05_201402282249238f1.jpg

前記事の繋ぎ目消しもこの通り、うまくいって綺麗に消えてくれました。

頭部、胴体、腕、足と、全てちゃんと綺麗に出来たので思ってた以上の見た目に満足♪




_02_20140228224926147.jpg

仕上げにつや消しのクリアーを吹いたので、写真では質感がなかなか伝わり難いのですが

安いプラスチック感も無くなって凄く良い感じに仕上がってくれました。

素組みの時の写真と比べたらちょっとは違いが伝わるかなぁ。




_03_2014022822492592d.jpg

続いてνガンダムですが、コイツはヤバい…カッチョ良過ぎてニヤニヤしてしまうw

塗装とスミ入れで素組みの時とは別物の模型かと思うほどの重厚感が表れました。

造形が細部まで作り込まれていることでここまで違いが出るものなんですね。

おかげで、ぶっちゃけ今まで時間が掛かったのも8割がνガンダムのマスキング作業。




_04_20140228224924d02.jpg

しかも悲しいかな、一番大変だったのが最も地味なハイパー・バズーカのマスキングという。。。

バズーカとビームライフルさえ色分けされていたら、随分と手軽に組めたと思うので

その辺だけもうちょっとバンダイさんには頑張って欲しかったところ。

でもこのνガンダムは非常に作りも良くて、繋ぎ目消しを必要としたのは頭部だけです。

ステッカーも余白が殆んど無くそのまま貼るだけで良かったので、ちゃんと開発されてるんですねぇ。




_06_201402282249221c6.jpg

完成後のツーショット。

BB戦士でこれ程のクオリティなら他の機体も欲しくなるところですが、さすがにもう気力が無い。。。

しばらくはこの2体を眺めてニヤニヤして楽しんでおくことにします。

あー、やっと部屋を片付けられるぞーw

  
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/02/28 Fri. 23:39    TB: 0    CM: 10

ハンズフリー 



うーむ…良くないことは続くというもので。。。

納車前にディーラーさんで取付けしてもらったカロッツェリアの1DINオーディオ『MVH-580』

スマホに入れている音楽をBluetoothで聴くことができ、さらに付属のハンズフリーマイクで

運転しながら通話も出来てとても便利なのですが、そのハンズフリーのマイクが壊れたっぽい。

相手の声はスピーカーから聞こえるのですが、こちらの声が相手には届かなくなりました。




_02_20140227222338f49.jpg

ただ、壊れたのか接触不良かはまだ分からないので、1回オーディオ引っ張り出すか…。

こんなマイクが壊れるという情報はネットでも全然出てこないので、どうしたもんか。

カロッツェリアのHPにもマイクだけの販売はされてないのか商品も値段も載っておらず。

めんどくせーなぁ。。。('A`)




カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2014/02/27 Thu. 22:59    TB: 0    CM: 2

★☆☆☆☆ 1.0 



ようやく、驚くほどの不良品を送り付けてきたクソショップとの一悶着が終結しました。

結果的に返金はしてもらったので詳細は伏せておきますが、最終期限となる今日中に

返金されなかったら店名も全て晒して、詐欺として被害届けを出そうと思ってました。

態度も最後の最後までクソな感じでしたがギリギリで返金はされたので、まぁヨシとします。。。

少額だと思ってナメてんじゃねーぞ、バッキャロー。

こんなクソショップは長年ネットショップを利用してきて初めてだったかもしれん。

ネットショップトラブルには皆さんもお気を付けください。

とりえあずこれで平穏な日常に戻ったので、ゆっくりまたブログも書いていけますかね。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/02/25 Tue. 21:56    TB: 0    CM: 2

甘かった 



にゅーん。。。

ホイールリペアの見積もりが予想していたよりも随分と高かった…('A`)

でも、直してもらわないと自分ではどうにもならんので出すことにしましたけども。

やっぱりメタリック系の塗装は値が上がるのかな。

自分でメタリックの塗装をやってみて難しさはよく理解できたので納得ですけどw

残念ですが今回は装着するタイヤのグレードを落として予算内に抑えることにしまふ。

先日ネットで購入したカー用品の小物が、びっくりするくらいの粗悪品が送られてきたりと

ここ数日なんだかリズムがちょっと悪いなぁ。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/02/20 Thu. 23:44    TB: 0    CM: 0

リペア 



先日購入したチンクの純正ホイールですが、やはり補修に出すことにしました。

一度だけ自分で補修にチャレンジしてみようと、オートバックスまでホイールを持って行って

店員さんに頼んでかなりの数がある塗料の色見本表とホイールを照らし合わせてもらって、

見た感じで近い色の塗料を買っていざ塗装も試みたのですが、やはりメタリック塗装に尚且つ

部分塗装というのは素人(しかも缶スプレー)では難易度が高過ぎて挫折。。。

写真は一度試みた塗装をペーパーで剥がしたところです。

「近くで見なければ大丈夫」なんてクオリティはランエボなら気にしなかったモノですが、

チンクに限っては不思議と耐えられないのです。




_02_2014021823074532a.jpg

ちなみに、ホイールに近い色として購入した塗料はコチラ。

三菱車用のシルバーでカラーナンバーは『A69』です。

日産やホンダのシルバーにも近い色があったのですが、悩んだ末にこちらをチョイス。

ただ、やはりメタリックカラー故に角度によって色の差が目立ってしまう結果となりました。

タッチペンでちょこっとだけ補修する程度であれば良い感じに使えるかもしれません。

ただ、缶スプレーとタッチペンとでも色が若干違うことを考えると保証はできませんが。。。




IMG_7305@.jpg

リペアに掛かる費用次第で装着するタイヤのグレード、銘柄を考えないといけないので

後は極力安くで仕上がってくれることを祈るのみ。

今月いっぱいくらいで雪の心配もなくなるだろうし、月末くらいには履き替えられるかな。

ふふ、楽しみだ~。



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2014/02/18 Tue. 23:37    TB: 0    CM: 0

脱出 

_01_20140216224934fd4.jpg

本日、京都市内では『京都マラソン』が行われておりまして、市内は交通規制の嵐。

せっかくの休みでブラブラとドライブしようにも、市内はどこも混雑が予想されるので

京都を脱出すべく滋賀県の草津の方までドライブしてきました。

『道の駅 草津』にトイレに立ち寄ったのですが、アホ丸出しみたいなガキンチョが乗った

ボコボコのS14が身障者スペースに停めてトイレの前でバイク乗りの連中と騒いでました。

「人生横滑り」なんてステッカー貼ってたけど、あぁ、お前の人生は間違いなく滑っとるよ。

ドリフトやってる奴って、模範であるプロのドライバーがDQNだからなぁ。。。

世間的には「モータースポーツ」をこんなのとも一括りにされるのは勘弁してもらいたい。




_04_20140216224931a7c.jpg

道の駅を出て、そのまま湖岸道路を気持ちよく流していると夕日がとても綺麗~。

ということで、湖岸道路には無料の駐車場が点在しているので少々停まってみることに。

むむ、写真を撮ろうにも早くしないとお日様が山に隠れてしまう。




_03_201402162249322b4.jpg

日が沈むまでにとバタバタしながらカメラを構えてみましたが、特にコレといったモノは撮れず。。。

釣りをしているオッチャンも沢山いたので場の雰囲気的にもあまり自由度がなくw




_02_2014021622493379f.jpg

それでも、琵琶湖の水面に反射している夕日の光がとても綺麗でしたよ。

もっと光がキラキラしたイメージで撮りたかったのですが、所持していたレンズ的に難しかった…。

まっ、綺麗な夕日が見れたのでいっか。

10分もしないウチにそのまま夕日は沈んでしまったので、適当に帰ることに。




_05_20140216224930ec9.jpg

京都へ帰って来た頃には京都マラソンの形跡もなく、道の交通状況もすっかり平常運転でした。

平安神宮の前をチョロっと通って帰ってきたのですが、この近辺にはイベント設営の関係らしき

大型トラックが大量に停まっていて、皆さんバタバタと資材の片付けをされてました。

京都マラソンって大赤字なのにいつまで続けるんだろうね…。



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2014/02/16 Sun. 23:47    TB: 0    CM: 0

ファンコントローラー 



ガッデム…。

パソコンケースに付属してたファンコントローラーが死んでもうた。。。

なんかパソコンがまたブォーンと、うるせーなと思ってたら全ファンが最大回転数で回ってた。

ファンコントローラーのつまみを回しても全く反応せず、お亡くなりになられた模様。

っていうか、ファンコントローラーってファンの回転を制御して「ヒャッハー!静かだぜーっ!」って、

調子に乗って回転数を抑えてると負荷が掛かって熱を持って壊れるのね。

知らんかった…('A`)

実際、壊れたファンコンの基盤の部分は素手で触ると一瞬で火傷するくらいに熱々になってた。

コントロールしたら壊れるコントローラーって何よw

そんなんコントローラーって言わへんやんけww

付属のファンコンさらば。君には失望した。




01_2014021421190171d.jpg

まぁ文句を言ってても仕方がないので、5インチベイ用のファンコントローラーを買いました。

付属のファンコントローラーを外してしまうと搭載ファンを1つしか使えない状態になるので。

チョイスしたのはこちらの『KAZE-MASTERⅡ』というファンコントローラー。 「風マスター」てww

このファンコントローラーは熱を持つことが考慮されていて、基盤の部分に最初からヒートシンクが

装着されているというモノだったので、ちょっとは耐久性的に安心かなと思いまして。

それでも、ネットで調べると熱対策を施さないと70度を超えたりするそうなので安心はできず。

そう考えると壊れたファンコンは何度くらいまで発熱しとったんやろ…(汗




02_201402142119000c8.jpg

制御をすればするほど負荷が掛かって発熱するということであれば、ファンの回転数自体を

低いモノに交換して制御率を抑えるというのも1つの熱対策。

ということで、今まで2000rpmの排気ファンを半分以下くらいの回転数に制御していたので、

回転数が1200rpmの静音ファンを買ってみました。

2000rpmを1000rpmに制御するよりも、1200rpmを1000rpmに制御する方が負荷は少ないハズ。

回転数が900rpmの究極静音タイプもありましたが、あんまり最大回転数自体が低いファンだと

何かあった際、冷却をしたい時に冷却できないと困るということで無難に1200rpmのモノを。

あと、マザーのチップ部が熱かったのも気になっていたので、チップ部を直接冷やす用のファンと

ファンコントローラー自体を冷やす為の超小型40mmファンを2つ購入。




03_201402142118419b0.jpg

とりあえずファンコントローラーを取り付け。

おぉ、なんかカッチョ良いぞ!w

デジタルメーターもメカメカしくて、なんかレーシングカーのメーターみたいだ。




04_201402142118406c1.jpg

チップを冷やす用の40mmファンはこんな感じで取り付けてみました。

こんな小型のファンでも、これだけ至近距離だとしっかりと風量もあって冷やすことができてます。

温度センサーは付けていませんが、触れてみた感じは半分以下くらいの温度になってる感じです。

もちろん、こんな小型のファンなので風切り音などの騒音は無音です。




05_201402142118392a8.jpg

もう1つはファンコントローラーの基盤(ヒートシンク)に直接風が当たるように付けてみました。

40mmファンだと5インチベイの中にスッポリと収めることができます。

ファンコントローラーのヒートシンク部分には温度センサーを付けたので果たして効果のほどは。




06_20140214211838909.jpg

ファンコントローラーに風を当てているファンを停止した状態でどれくらい温度が上がるか計測。

現時点でのファンの制御率だと、ファンコントローラーの温度は45度前後で安定という感じでした。

もちろん他のファンの回転数を更に制御すると、コントローラーの温度はみるみる上がっていきます。




07_20140214211837c36.jpg

で、ファンを最大回転で作動させると、なんと約34度となり10度ほども下がるではありませんか。

これはかなり効果はあるということなので、チップ部も同様に良い成果なのではなかろうか。

こちらのファンも最大回転数でも無音なので、常時最大回転で作動させておきます。


これでなんとか各部の負荷は一通り抑えることが出来てそうで一安心です。

排気ファンも今までのモノより静音タイプに変わりましたので、これでより静かなパソコンへと

パワーアップしたことになって結果的には満足ですかな。

突然の出費は少々痛かったが…(ーー;)




カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/02/14 Fri. 22:19    TB: 0    CM: 0

純正・イズ・ベスト 

_01_20140212114345cd7.jpg

ふへへ、ヤフオクで落札したチンクの夏タイヤ用にする予定のホイールが届きました。

ホイールはFIAT500 LOUNGEグレードの純正15インチですが、1本のみガリ傷有りでしたが

新品価格の半額以下で手に入れることができました。

外品のホイールも一通り調べましたが、自分の車のコンセプトとデザイン的に合うモノはなく、

やはりこの車は純正のデザインが一番という結果になったのでありました。




500c_gl_ex5.jpg

FIAT500のホイールは純正オプションを含めると結構な種類のラインアップがあるのですが

今回のホイール選びで求めたものは、車格を考えると15インチがバランス的にベストであること。

精悍(スポーティ)さは不要で、あくまでもPOPであることを崩さないデザインであることの2つ。

で、これらを求めた結果、辿り着いたのがFIAT500C 1.2POPの純正15インチホイール。 ※画像

このグレードにだけ装着されるホイールということで、勿論カタログ外の製品となるので

ディーラーさんで値段を聞いたところ…

デ「センターキャップ別で、1本¥45000です。」

僕「はいはい、1本よん……ふぁっ!? 15インチのホイー…ふぁっ!?」


カタログに載っているオプション品も1本の定価は¥47000とかなのですが、これらのホイールは

4本セット購入だとセンターキャップ付きで¥130000という謎の価格設定。

ディーラーさんに「このホイールもこういうセット価格みたいなのにはならないッスか?」と

聞いてみたのですが、残念ながらそういう価格設定はないとのこと。。。

これは全く想定外の有り得ない価格に驚愕…しかもこのホイールがヤフオクで出てくる可能性も

限りなく低いことから、残念ながら500C 1.2POPの純正ホイールは諦めることに。。。




_03_20140212114344b06.jpg

というワケで、第2候補であったLOUNGEの純正ホイールがたまたまヤフオクで出ていたので

破格で購入できたのはイイのですが、1本にガリ傷有りだったので補修を試みることに。

傷は大きいですが幸い1mm程度の深さだったので、パテ埋めはせずにタッチペン盛り盛り作戦で。

※傷の状態の写真撮るの忘れた。。。

とりあえずオートバックス行ってホイール補修用のタッチペンを買ってみたのですが…。




_02_201402121143438e1.jpg

色が違う……。ですよねー。

写真は手持ちのシルバー塗料を上から吹いてマシになったモノですが、このタッチペンはダメですわ。

角度によっては全然分からないけど、また別の角度によってはメチャクチャ目立つ。。。

これがシルバー(メタリック)塗装の難しいところ…。

まぁホイールに予定してた予算よりも随分と安くで買えたので、ホイール補修に出してもイイんだけど

車に装着してみて気にならない程度ならこのままでもイイかな~というのが微妙なところ。

「補修に出す程でもない…かなぁ」という程度の微妙な傷なのも悩みどころ(´・ω・`)

もうちょっと思案してみまふ。。。



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2014/02/12 Wed. 21:35    TB: 0    CM: 2

メリケン 



神戸の『ポートタワー』まで行ってきました。

本来の神戸まで行った目的としては、一度『旧居留地』へ行って街並みとチンクを合わせて

写真を撮ってみたいなぁと思っていて、神戸に着いて最初に旧居留地まで行ったんですけど、

昼間に旧居留地エリア内で適当に車を停めてイメージしているような写真を撮るなんてことは

まず不可能だということを思い知らされただけでしたww

で、旧居留地内をオロオロと迷子になりながら走っていると、強制左折と強制右折に流されて

知らない間に旧居留地から強制的に排除されてしまって、「もうええわっ!」ということで

メリケンパークの方まで来てみたのでありました。




_03@_201402102221112f5.jpg

展望階から望む神戸の景色。

やっぱり、神戸もこの辺りはどことなく横浜と通じる雰囲気があるように感じます。

まぁ今回、旧居留地へ行こうと思ったのもオートサロンの帰りに横浜の『みなとみらい』

ウロついた時にその街並みに惹かれまして、確か神戸にも似たような感じの場所があったから

今度行ってゆっくり写真でも撮ってみよう、という安易な発想からでしたw




_07(2)@.jpg

景色を楽しんだ後は、予定が変わったことで少し時間が余っていたのでチンクの撮影を。

後ろにあるのは神戸ハーバーランドの『モザイク観覧車』

夜間はイルミネーションが点灯する観覧車ですが、さすがに点灯までは時間的に待てず。

また今度機会があった時に夜間の写真を撮りに来よう。




_07(3)@.jpg

夕日に照らされたお尻…という感じを狙ったんだけど、チンクってリアを撮るのが難しい。。。

逆にランエボは顔を撮るのが苦手だったので、車もそれぞれキャラクターがあって面白いですね。




_07@_20140210222050dd3.jpg

本来の目的とは違う場所での車撮影となってしまいましたが、それなりに気に入った画も撮れたし

ここはここでまた違う時間帯の時にでも来てみましょうかね。

しかしこの時期に港は風が寒過ぎて身体がキツイわ。。。




_09 (1)@

写真撮ったら帰るつもりでしたが、せっかくこっちの方まで来たので帰りは少し寄り道をして

夜景スポットである『芦有(ろゆう)ドライブウェイ』の展望台まで来てみました。

インプレッサ、ランエボに乗っていた時はちょくちょくここには来たりもしていたのですが、

もう何年振りだろうというくらいに久しぶりの芦有です。

天気もそこそこで夜景は綺麗に見えていましたが、前日に降った雪を除雪した分が全て大量に

歩道の所に追いやられていて、ここは段差もあるので車椅子では柵の前まで行けなかった。。。

来年には雪上にも突入できるように、車椅子に何か対策を考えてやろうか…。




_09 (2)@

とりあえず車の中から望遠で撮ってみましたが、さすがに限界ですな。。。

アホ丸出しなデカイ声で「ゲハハハハ!!」とバカ騒ぎしてる大学生連中みたいなのが居たので

胸糞悪くなる前に適当に写真撮って帰ってきました。

っていうか、なんでああいう奴等って大学生になると声がデカくなるのかホントに不思議。


※ ※ 本日の走行距離 ※ ※

京都→兵庫(神戸)→京都 210.3km

燃費 17.6km/l


チンクでは芦有ドライブウェイの急勾配でベタ踏みしないと上らなかったので燃費は伸びず。



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2014/02/10 Mon. 23:48    TB: 0    CM: 4

経過 



おっと、いけない。

暇があればガンプラ製作ということで、ブログを書くのも忘れてしまってました。

というワケで現在の進行状況なんですが…部屋が材料と道具で散らかりまくってるの図。。。

まぁ、必然的にこうなるよねーw




_02_201402052256497b6.jpg

この頭部は繋ぎ目消しをする為に接着したタミヤセメントの硬化待ち中。

前記事では目の部分は付属のシールを貼っておきましたが、ブラックの塗装をしました。

他のパーツの都合上、赤パーツも上から更に赤に塗装済みです。

塗装は塗装、接着は接着でまとめて作業したいところですが、パーツの組み立てる順番的に

どうしても塗装してから接着する部分と、接着してから塗装する部分があったりするので

塗装しては接着作業を、接着してはまた塗装をしたりと、非常に無駄に時間が掛かる。。。

更にどちらの作業も乾燥に時間が必要なので余計に…。




_03_20140205225648bc0.jpg

それでも今は『ガンダムマーカー』とかがあって便利ですなぁ。

スミ入れに『スミ入れ用のガンダムマーカー』を使ってみましたが、これはメッチャ楽ですね。

昔は普通の極細サインペンとか使ってましたが、ガンダムマーカーはインク(塗料)の出方が

普通のペンとは違うので塗り易いし、色の乗りも良くて良い感じ。

とまぁ、こんな感じで順調に作業は進んでおりますので、もう少し進めばまたご報告をば。

買った塗料が2体分は足りなくなりそうでちょっと焦っておりますが…(汗



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/02/05 Wed. 23:32    TB: 0    CM: 5

素組み 



とりあえず素組みで組みあがりました。

こちらは『SDガンダム BB戦士 RX-78-2ガンダム(アニメカラー)』です。

いや~、BB戦士とは言え今のガンプラは精度も造形も凄いですねっ!

組み立てながら「なるほどー!」と思わず唸ってしまう程に組み立て方も凄く工夫されていて

昔のモノより簡単に組めるようにもなってましたし、可動部分も多くてビックリです。




_01_2014020121513100e.jpg

さて、この状態から必要な部分への塗装作業と、繋ぎ目消しもしていくつもりですので

どこをどう塗るか、どういう手順で仕上げていくかを入念にイメージしていきます。

それにしても昔のBB戦士より一回り大きいですが…やっぱりカワイイですね。




_04_201402012151274bd.jpg

こちらはリニューアルされた最新版『BB戦士 No.387 νガンダム』です。

とりあえずこちらも素組みで組み上がりました。

このνガンダムは上記の初代ガンダムより超簡単&綺麗に組めるようになってました。

パーツのバリ取りも殆んど必要ないくらいに綺麗に出来上がるので、これまたビックリです。

繋ぎ目消しが頭部だけでも良さそうなレベルです。




_03_2014020121512823d.jpg

むふふ…このνガンダムはヤバイくらいカッチョ良いですな。

しかし造形が細かい分、塗装作業なんかは大変そう…(ーー;)

とりあえず初代ガンダムとνガンダムで必要な分の塗料と材料を買いますかね。

筆塗りも必要になってくるでしょうけど、うまく塗れるかなぁ。。。




_05_20140201215126e1c.jpg

夢の新旧ガンダム対決w

昔の勘を頼りに、イメージに近付けるよう作業を頑張ってみまする。

  



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/02/01 Sat. 22:35    TB: 0    CM: 10




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。