POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

チョロQ zero 

_03_201412232230202f0.jpg

昨年末のことですが、ついに待望だったチンクのチョロQが発売されましたので即購入。

が、しかし…。

今のチョロQってこんな値段高いのっ!?

ちょこっと小細工をして車に使おうと考えていたので、2~3個くらい買おうかと思ってたのですが。。。

モデルもキャンバストップの500Cなので、とりあえず様子見として購入は1個だけにしておきました。

う~む、これは500Cに乗り換えろということか。(笑




_02_201412232230200e6.jpg

ちなみに、このチョロQは『zeroシリーズ』というモノで、大人向けチョロQということだそうです。

従来のチョロQとは違い、造形のクオリティも高く、窓とボディも別パーツとなっているのとのことですが、

それにしてもこの価格設定は…?です。

しかも別パーツとなってることで、考えていた小細工も無理なことが判明してしまいました。。。

今までのチョロQは一体成形のクリアパーツに塗装が施されていただけでしたが。

まぁ何はともあれチンクのチョロQを販売してくれたトミーさん、ありがとう。


スポンサーサイト



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2015/01/25 Sun. 14:16    TB: 0    CM: 2

京都 CarOwner's-Meeting (1月11日) 



クリスマス頃にディーラーさんから届いたDMに記載されていた京都宝ヶ池教習所で行われるイベント、

『第1回 京都 CarOwner's-Meeting』へ行ってみました。

第1回ということもあってかイベント内容の情報もなく、ディーラー主催のオフ会みたいな感じなのかな

と思っていたのですが、輸入車ディーラーによる合同試乗会イベントでした。(笑

イベントの詳細を公開されたのが数日前だったので、僕はオートサロン中に知りましたし。。。




_01_20150121115042fdf.jpg

それはそうと、そもそも僕は試乗会とか行ったことがないですし、更には輸入車の試乗会となると

何やら楽しそうでしたので友人を誘って行ってみることに。

会場に入って早速目を惹いたのが、とにかく美しい真っ赤なポルシェ ボクスター。

う~む…ヤバイな、近付くのにすら勇気が要る車って何なの。(笑

この車は展示車でしたが、イベント終了時にスタッフさんが気を遣ってくれてエンジンを掛けてくれました。

う、うむ…まさに脳みそを痺れさせてくれる音でヤバかった。

そして間近で見ると、やっぱりポルシェは男のロマンであり、まさに夢の車って感じだなぁ。




_16.jpg

そしてこのイベントの目玉的存在で大将だったアストンマーティン。

お値段2300万円ですって。。。

もはやここまでの車になると何の知識もありません。(笑

皆さん平気で(しかもメッチャ踏んでるし…)試乗してますけど、凄ぇな。

ちなみに試乗コースは教習所内です。




_02_201501211150305a5.jpg

なんかキャリパー2個付いてるんですけど。。。

しかもGTカーみたいなサイズのキャリパーとローター。

僕が乗ってたランエボのフロントブレンボキャリパーの更にふたまわりくらいデカい。

これでリアブレーキでっせ…(汗




_18_201501211149365cc.jpg

FIATもキャンバストップの500Cが試乗車に。

あー、やっぱなんか落ち着くわー。(笑

ご家族で来られていた方は、やはり奥様が運転という形で試乗されてるのが多かったですね。

500Cなので僕も試乗しようと思ってたのですが、なんと試乗予約枠が既に一杯で乗れませんでした。

ごめんなさい、おとなしくディーラー行って乗ります。。。




_06_20150121115028811.jpg

クライスラーグループということからジープも来てました。

今のジープってこんな風になってるんですね。

凄く高品質なのに、あくまでも「オフロードを走る4駆」というスタイルはそのままでした。

ただのスタイリッシュSUVではなく、この辺りはさすがジープという感じでした。

お値段も400万円前後と、見た目の質感や装備を考えると意外とリーズナブル。




_13_20150121114939fbb.jpg

巷で「良い車!」と噂のフォード フィエスタ。

3年連続でエンジンオブザイヤーを受賞しているということで、とにかくエンジンの評価が高い。

ということで友人と試乗してみたところ、感覚としてはチンクのツインエアエンジンの特性と

結構似ている印象で、残念ながら特別コレと言った大きな感動とかはなかったかな?

まぁこのクラスはどこもダウンサイジングの技術が進んで同じレベルに合わせてきている感じですし。

こうなると今の時代、このコンパクトクラスにおいては用途や見た目の好みの問題ですよね。

まぁ試乗如きで物事を語るのは僕は好きではないので、この辺で。




_17.jpg

空気に慣れてきたのか、友人はイキってポルシェ マカンにまで試乗。

おい!絶対に事故るなよ!

事故ったら目も合わせずに他人のフリして帰るからなっ!(笑

しかしまぁ…こんな車格のSUVとは思えないくらいに、外から見てても挙動が凄いですね。。。

足や車体の動きも、まるで軽量スポーツカーみたいな挙動してます。

その昔インプレッサに乗っていた時、林道のような峠道を爆走中に後ろからカイエンが張り付いてきて

まったく振り切れなかったという経験がありますが、少し納得できた気がします。




_08_201501211150270d1.jpg

イベント自体は試乗会ですが、この様なレアなクラシックカーなどもいくつか展示されていました。

まさかのトヨタ 2000GTですが、恐らくこれは…本物だと思います。

2日前にオートサロンでレプリカを見てますが、いやもうコレは分かんねーわ。(笑

改めてあのレプリカ凄いっ!




_07_2015012111502710f.jpg

お約束のアバルト。

やっぱりオールドチンク可愛い!ちっちゃい!

そして右後ろに写っているのはスカイライン。

1966年式ですって。(驚




_09_20150121115026801.jpg

名車、ポルシェ 356。

愛車遍歴で八名信夫さんがゲストで出演された時に「18年乗った」というエピソードで紹介されました。

この当時の車を18年乗り続けるというのは凄いですよね。

一台にそこまで愛情を注げるということも素晴らしいですし、それ程までに魅力のある車なのですね。

放送時の八名さんの356への溺愛っぷりには少し憧れのようなモノを感じました。

僕もチンクにそれくらいの愛情を注いでやれるようになれると良いなぁ。




_10_20150121114940fb6.jpg

この日最古の車両となるベンツ、1952年式の車だそうです。

クラシックカーやヴィンテージカーに特に興味はないのですが、何にしても昔の車って美しいですね。

今の車が50年後、これ程の価値が生まれたり「名車」と呼ばれることがあるでしょうか…。




_19_20150121114936771.jpg

いやはや、第1回 京都 CarOwner's-Meeting楽しかったです。

ディーラーに行けばいくらでも試乗はできると言っても、僕らみたいな者はそう簡単にポルシェや

ベンツのディーラーには入れないですし、どんなイベントでも気安く触れて乗ってみるなんてことも

到底気軽には出来ませんし。。。

そういう意味でも、複数の輸入車メーカーが一堂に集まり、乗り比べもできるというこの試乗会は

なかなか良い経験をさせてもらえたのではないでしょうか。

これらの車がどういうモノかを目で肌で感じることができたのも、良い経験になりましたし。

今回、第1回ということでしたので、イベントが今後どういう形に発展していくのか楽しみですね。



カテゴリ: お出掛け

[edit]

Posted on 2015/01/21 Wed. 15:29    TB: 0    CM: 2

2015 東京オートサロン (1月9日) 



そんなワケで、オートサロン初日の朝。

まずはパンクした車椅子を何とかしなければならんので、幕張メッセのすぐ隣にあるイオンへ

開店と同時に1階フロアにある自転車屋さんへ突撃してきました。

で、店員さんに事情を説明して色々話しを聞いていると1つ驚いた事実が判明。

自転車と同じパンク修理(補修)程度なら問題ないが、もしタイヤ・チューブ交換ということになると

部品交換という扱いになり、車椅子など福祉用具を取り扱うには資格が必要で作業できないのだと。

物自体は自転車と同じタイヤとチューブで代用も出来て問題ないにも関わらず。

ということは、たかがパンクであっても、もしここで部品の在庫がないなどで他のお店へ駆け込んでも

この場合どこへ行っても作業してもらえないということ?

そんなアホな話しあるかぃ。

なんで京都から千葉まで来て福祉用具屋巡りをせにゃならんのだ。

そもそも、たかが車椅子のタイヤ換える如きに資格て何やねん…自分で出来るっちゅーねん。

こんなんだから『医療』と違って『福祉』の世界は汚(ry


とりあえず損傷の状態を見てみますので、普通の修理でいけそうならやってみますね、ということで

結果としては幸いただの簡易修理で事無きを得たので、もうとにかく助かりました。。。

戸惑いながらも親身に作業をしてくれたイオンバイクさん、本当にありがとうっ!

この御恩はオートサロンある限り絶対に忘れない!

そして最初に突撃して話しをしたら早々にイオンバイクに丸投げした隣の自転車屋はクソだと思うよ!




_01@_201501181023235d8.jpg

一時はどうなるかと思いましたが、意気揚々とオートサロン会場へ到着。

ちなみにパンクの原因は搬入作業の際、向かいのブースが設営中に作業員が蛍光灯を割ったらしく

通路にガラスの破片が飛び散っていたのを踏み、不幸なことにパンクする程に刺さってしまったのです。

逆に言えば、よくまぁ夜までパンクせずに良かったなぁと。

さてさて、前置きが長くなりましたが以下サクサクっと紹介していきます。




_07@_2015011810232251e.jpg

最初に立ち寄ったのがルノーのブース。

この日が初お披露目となるメガーヌRS トロフィーSも展示されてました。




_11@_20150118102246aba.jpg

僕は元々メガーヌやルーテシアが好きなのもありますが、兄貴がカングーオーナーとなったことで

兄弟でブースをウロウロしていると、説明員の方が声を掛けてくださり色々お話しを聞けました。

この説明員さんもルーテシアとカングーを所有しているとのことで、会話が進んで楽しかったです。

う~む、ベースとなるメガーヌRSでもこのスペックと質感で400万というのは、コストパフォーマンスが

凄く優れた車なんじゃないかなと個人的には思う。

音もメチャクチャ良いし、絶対楽しいだろうな。




_13@_20150118102245855.jpg

ヨコハマタイヤのブース。

そういや今年はどこのタイヤメーカーもエコタイヤとかではなく、スポーツタイヤを推してましたな。

一番手前のタイヤサイズは295でした。。。

こんなサイズを装着できる車が限定的すぎるだろ。(笑

まぁ昔はアドバンのネオバ(AD07)にはよく世話になりました。




_18@_20150118102245d77.jpg

そして僕の中では今年の目玉ブースであるマツダ!

新型デミオに始まり、CX-3、そしてマツダ ロードスター(ND型)も見てきました!

う~む…なんかデカいな…。

全長はNC型よりも短く、全高がNA/NB型と同じそうだが、全幅が1730mmと歴代最大サイズとのこと。

1740mmのランエボ(CT9A)とほぼ同じサイズとは…ちょっと何だかアレな感じがあるな。

ライトウェイトスポーツとするには軽さは勿論重要だけど、サイズも大事だと思うけどなぁ。

今の時代の安全基準とかで車を造るには、どうしても無理なんでしょうねぇ。




_21@_20150118102244f26.jpg

チンクやミニのシートカバーメーカーとしてお馴染みのCABANAさん。

おぱんちゅが売ってました。(笑




_24@_20150118102243e7f.jpg

最近は軽自動車用のホイールとかでも凄いのがあるのね。




_27@_201501181022421c2.jpg

ポルシェ 911風のホンダ ビート。

隣にチラっと見えてるのはポルシェ 356風のダイハツ コペンでした。

結構クオリティ高かったですよ。(笑




_28@_20150118102123025.jpg

そして個人的には今年のオートサロンの一番の注目株だったんじゃないかと思うほどの車がこちら。

トヨタ 2000GTのフルレプリカなのですが、なんとこれベース車両はマツダのNBロードスター。

多分、本物が隣に置いてあってもこれがレプリカだとは気付かないんじゃないでしょうか。




_30@_20150118102121b5d.jpg

内装もこの通り、恐ろしいクオリティです。

「何だコレ!」とか「凄い!」、「素晴らしい!」という声が沢山聞こえましたし、何やら商談されてる方も。

隣には同クオリティのランボルギーニ ミウラのレプリカカー(勿論中身はロードスター)もありました。

オートサロン以降、お店へのお問い合わせが凄いのだとか。

お値段も相当なモノではありますが、いやはや…この技術・クオリティは本当に凄いです。

気になる方はこちら → 『ROADSTER GARAGE』さん




_35@_2015011810212118e.jpg

ホンダのブースへ来てみました。

ホンダと言えば2輪、そしてスーパーカブ。

今のスーパーカブってこんなデザインになっちゃってるのね…全然知らなかった。




_39@_20150118102119aac.jpg

家庭用電動除雪機、その名も『YUKIOSU(ユキオス) e!』 (笑

なんか可愛くて欲しくなるけど……お値段は約29万円なり。。。




_41@_201501181021180be.jpg

お隣ではN-ONEのクレイモデル(粘土造形)の実演が行われていました。

クレイモデルとは、いわゆるメーカーが車を開発する時に専用の粘土を使って実物大の模型を造り、

デザインのスケッチやデータ等と実際に見た時との違いなどを修正・加工して車を仕上げていく

車開発のデザインに置ける大変重要な部門のお仕事。

こんなのなかなかお目に掛かれるモノじゃないなぁと思って、興味深くじ~っと暫く眺めていたら…。

スタッフさんからまさかの一言、「やってみます?」。  (;゚;∀;゚;)




_43@_20150118101957244.jpg

ええ、滅多に経験できるモノではございませんので、やってみましたよ。

道具の解説や粘土がどんなモノとか色々説明もしてもらって、いざゴシゴシ。

う~む、な…なんだろうなぁ、この感触。

堅いようで軟らかいようで…一番近い感覚の物としてはクレヨン…みたいな感じかなぁ。

しかも僕が使わせてもらったこの道具、シャベルにあるようなギザギザ状になっているのですが

「あらゆる方向から削っていくことで綺麗な面になっていくんですよ~」とのこと。

ギザギザなのに面になっていくってどういう原理?

後ろに写ってるギザギザになってる痕は僕が削った箇所なのですが、どうやってもこうなってしまう。

しかもこれまた力加減が絶妙で、ちょっとでも力を入れると削り過ぎてしまうし、弱いと全く削れない。

こんなのをコンマ何ミリ単位を修正しながら実物大の車を造っていくって…まさに職人ですな。

これはなかなか貴重な体験をさせていただきましたよ。

ホンダさん、ありがとうございました(´∀`)




_46@_201501181019567df.jpg

で、ホンダと言えば今か今かと発表が話題になっているS660。

前回のオートサロンでも展示されていたそうですが、僕は見逃してしまってたんですよね。

しかもデザインの造形が今回の車両は少し変更されているそうな。

あんまり違いは分からないけども。




_44@_20150118101957fee.jpg

案内してくれたお姉さんは「公開当初からは四角くなっちゃって残念なんですよ~」と言ってました。(笑

市販化される際には屋根がどうなるか気になります。

今時ハードトップを「よっこいしょ」と付け外しするタイプになるとも思えんし…。

形状とスペース的にソフトトップの手動式という噂も出てますが、果たしてどうなるでしょうか。




_57@_201501181019530ec.jpg

やる気が全く感じられなかったミツビシ。(笑

最後のランエボとなるエボⅩ ファイナルコンセプトも、隅っこにちょんと置いてあるだけでした。。。

メーカーを引っ張ってきた車種なんだから、もうちょっと力入れてあげても良かったんじゃない?

元ランエボ乗りとしては、少々悲しい最期を見るような形になってしまいました(´・ω・`)




_51@.jpg

デザインが賛否両論の新型スズキ アルトのこちらはRS。

ついに国産車にもチンクやUPと同様のシングルクラッチAT、いわゆるAMT初搭載車ですね。

※訂正 過去に軽トラのキャリィにこのシステムが搭載されていたそうです。

実際の精度はどんなものか分かりませんが、このシステムを知らない人がATと思って乗ると驚くでしょう。

でもこれを機に国産車のコンパクトクラスもCVTばかりだけではなく、AMTも増えてくれると良いなぁ。

個人的にはこのアルトのデザインはあまり受け入れられない方なのですが、ここ最近のスズキは

ハスラーでかなりブイブイ来てますし、マツダにしろホンダのS660やダイハツのコペンもそうですが

こういう奇抜なことやデザインにチャレンジしてくれるのは今後の国産車にも夢や楽しみが増えますよね。

がんばれ、魂を持った日本のメーカー達よ。 水素だの電気や電池の車作ってる場合じゃねーんだよ。




_55@_20150118101954533.jpg

というワケで、2015年のオートサロンはこんな感じですかね。

まだまだ書きたいことやネタはこんなモノではないけれど、これ以上は長くなり過ぎますし。。。

お姉ちゃんの撮影も飽きてきたので、前を通った時にたまたま空いてたら撮った程度です。

今回は閉館時間まで一通り全体を見て周ってから帰ったので、家に着いたのは午前4時…。

あー、疲れた('A`)

ではでは、載せきれなかった写真はスライドショーにて。










カテゴリ: お出掛け

[edit]

Posted on 2015/01/18 Sun. 14:10    TB: 0    CM: 4

2015 東京オートサロン 搬入 (1月8日) 



さてさて、いよいよオートサロンの日がやってきました。

今までは初日の金曜日のみ行くことばかりでしたが、今回はまだ搬入作業の木曜日から参加。

当初はお昼頃到着という予定だったのですが、急遽事情が変わって午前10時に現地入りということに。

よって、午前3時出発です…ぐぬぬ、しんどい('A`)

不眠で寝れてないので、ほぼ徹夜状態で出発するハメになってしまいました。




2_201501141440168f7.jpg

そして何とも不幸なことに、出発した直後辺りからお腹の具合や体調が悪くなり絶不調。。。

かなりの頻度でPA・SAにて休憩を取ることになったので遅刻決定です。

こんな日に限って天気は全く雲一つない快晴で、過去一度もこんなに綺麗でハッキリした富士山を

拝めることはなかったので、ゆっくりと写真でも撮りたかったところですがこのまま現地を目指します。

前回のオートサロンの帰りも一瞬だけ綺麗な富士山が見れたけど、その時も道中で体調が悪くなって

ノンストップで急いで帰ったので、全然まともに拝めた記憶がないんだよね。。。

何とも富士山とは相性が悪いようです。




3_20150114144015f30.jpg

遅刻ながらも、何とか11時半に幕張メッセに到着。

お店の人と合流して僕もお手伝い開始です。

他のブースも設営作業の真っ只中で、コンパニオンのお姉さん達も入念なリハーサルを行われてます。

僕はなぜかライブとかでも、このリハーサルの空気というモノが大好きでして。

学生の頃は学園祭なども本番より前日の準備してる時とかの方が不思議と楽しく感じるんですよね。

こういう微妙な緊張感とリラックス感が入り混じった何とも言えない雰囲気、好きです。




5_20150114144014a01.jpg

搬入作業を手伝ったのは初めてだったのですが、それにしても会場が寒いっ!

オートサロン開催中はホールとホールを繋ぐ渡り廊下など、風よけが施されるので暖かいのですが

搬入作業の間は展示車やデモカー、設営業者の車も常に出入りするので吹きっ晒しなんですね…。

結果、家に帰ってから風邪を引いてしまいましたが、今思えばこの時が原因だったかと。


それはそうと、僕のお手伝いする作業も終わり無事にお店の設営も完了しました。

終わった後にお店の方と晩御飯に連れて行ってもらったのですが、ここにきて再びトラブル発生。

なんと僕の車椅子の右のタイヤがパンクしてしまいまして…しかし気付いた時には既に22時。

修理をしてもらえそうなお店はもうどこも閉店しているので、翌日の朝一に何とかしようということに。

とにかく睡眠不足でフラフラでしたので、ホテルに着いたらお風呂入って即就寝。

こんな状態になっていても薬を服用しないと眠れないのが不眠症の恐いところです。

さぁ、2015年の東京オートサロンがいよいよ始まります。



カテゴリ: お出掛け

[edit]

Posted on 2015/01/14 Wed. 15:43    TB: 0    CM: 0

帰還 



本日の午前4時頃、幕張メッセから帰ってまいりました。

不眠治療中の身としてはなかなかキツいスケジュールではありましたが、オートサロン出展における

僕の業務(お手伝い)はこれにて終了したので、来週からは通常業務に戻れそうです。

残りの2日間みんな頑張ってね~。


新年のご挨拶コメントも沢山の方からいただきまして、ありがとうございました。

また追々お返事させていただきます。

オートサロンレポも写真の整理が出来次第、書いていきますので。

とりあえずこの連休、ぐっすり休みます。。。

…なんか前回と一緒やな。(笑



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2015/01/10 Sat. 21:23    TB: 0    CM: 0

賀正 



新年、あけましておめでとうございます。

いや~…元旦早々、京都は3日に掛けて凄い雪でした。

京都市内は3日に積雪22cmで、なんと61年ぶりの記録だったそうです。

ウチの駐車場に停めていたチンクのアンテナが一夜にして雪に丸々埋もれてましたよ。。。

早速2015年はやってくれますねぇ。


まぁそんな中、アホな兄弟は「雪だー!ウッホー!!」と、意味もなく元旦に京北町(けいほくちょう)まで

ただただドライブに行ってきたワケですが、2台とも車がエライことに。

昨年は寒波の時に滋賀県は朽木(くつき)の方へ行きましたが、その時の比ではない積雪量。

それでも前回の雪道走行の経験が大きく、うまく路面を見極めながら楽しく走れました。

過信は禁物ですが、FF車のこんな車でも結構走るモンですね。(笑

インプ、エボとAWD車でしか雪道は走ったことはなかったのですが、チンクの走破性も大したモンです。

そもそもインプ、エボの時にこんな積雪量の中はさすがに走ったことなかったですし。




_01_20150105122320a34.jpg

兄貴のカングーは重量があるのと、後ろに超重量級の荷物満載なのでさすがに厳しそうでしたが

やはりこんな路面でもチンクのような「軽さ」は4輪駆動にも劣らぬ武器になるのでしょうか。

まぁ~、どエライお正月ではありましたが、雪国体験のような感じで楽しかったです。

雪国ではこれが毎日続くのかと考えると、さすがに「楽しい」なんて言ってられなくなりますが。。。


さて、早速こんなスタートになった2015年ですが、今年も1年また宜しくお願いします~。

今年は何かと色々なことが起こる予感!

がんばるぞっ!



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2015/01/05 Mon. 13:05    TB: 0    CM: 12




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。