POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

D'Addario EXP120 



我が家のIbanez三兄弟、手前から金本・鳥谷・矢野です。

というワケで、リッツ楽器さんに預けていたギターが綺麗に修復されて帰ってきました。

スイッチが今まで引っ掛かりというか、動きに微妙な渋さのような違和感を抱えながらの使用でしたが、もうこれでスッキリ。

弦も張り替えて、指板にオレンジオイルも塗って久しぶりにリフレッシュさせてあげました。





IMG_9571.jpg

ちなみに弦はリッツ楽器さんで修理ついでに購入しておいたD'Addario(ダダリオ)のコーティング弦。

コーティング弦といえばElixir(エリクサー)Ernie Ball(アーニーボール)と使ってきましたが、やはり一番シックリくるのはダダリオでした。

エリクサーはポリウェブとナノウェブ共にコーティングの「弦に一膜巻いてある感」があまり好きになれず。

新品時の気持ち良いシャラシャラ感が強く、そのシャラシャラ感が一番持続してくれるのもエリクサーですが弾いた時の違和感も強く…。

コーティングが強い加減か、音も一膜包んだようなマイルドな感じになってしまいますしね。

逆にアーニーの弦はコーティング感を感じさせないようにしてある為か、無駄にキュッキュキュッキュと引っ掛かる感じが強く違和感。

音に変化までは感じないまでもシャラシャラ感も割と弱めですし、肝心の寿命の面でコーティングの恩恵もイマイチ感じず。

ということで僕が行き着いたのはダダリオのコーティング弦。

※余談ですが、j.customには工場出荷時からダダリオのコーティング弦が採用されております。

ダダリオのコーティング弦は全てにおいてエリクサーとアーニーの調度中間な感じで、僕には一番ナチュラルに感じます。

まぁ僕は中学生の頃からずーっとダダリオの弦を使っていたので、メーカーの特性的な面からして違和感を感じないだけかもしれませんが。

学生の時も色んなメーカーの弦を試しましたが、その中で一番シックリくるのもダダリオの弦でしたし。

とは言え、一緒にギターをやっていた友人は「アーニーの弦じゃないと嫌だ」と言ってましたし、好みの問題ですな。(笑

そんな弦のお話しでした。


  
スポンサーサイト



カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2015/12/26 Sat. 19:27    TB: 0    CM: 0

涙点プラグ 



ドライアイ治療で継続して目薬をしているのですが、やはり規定されている点眼(1日6回)を用事や外出で少し忘れてしまったり、

目薬の効果以上にPC等で目を酷使すると乾燥による痛みなども再発し、何だかんだと眠れなくなったりもしてしまうということで

眼科にて一歩踏み込んだドライアイ治療である涙点プラグを施術してもらいました。

睡眠時間が短いとドライアイも悪化するし、眼の乾燥(痛み)で夜中に目が覚めるなんてこともあり不眠もまた改善しないことから

年末年始のお休みに入る前に何とかしたいというのもありましたので。

涙点プラグを簡単に説明しますと、涙が流出する穴にプラグを挿入して栓をしてしまい、眼の水分(涙)が流れ出ないようにするもの。

まぁ排水溝に蓋をするみたいなもんで、強制的に常に眼をウルウルさせてしまおうというものです。


施術は10分足らずであっさりと終了し、特に違和感もなく過ごせております。

今後ゆっくりと時間を掛けて症状は改善してくるそうですが、果たしてどうなることやら。

今回施術したのは下側の涙点のみなので、効果が得られない場合は上側にもプラグを挿入することができるようです。

一気に上下共に施術してしまうと効果が強過ぎる場合には、ちょっと笑ったりしただけで涙がボロボロこぼれ落ちる程になるそうで

「まぁそれはそれで人前では恥ずかしいよね」ということで、まずは下側のみで経過をみましょうということに。

しばらくは目薬も併用となりますが、少しでもこれで良くなってくれれば。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2015/12/19 Sat. 22:29    TB: 0    CM: 2

光のプロムナード 



昨年は手足が千切れるんじゃないかと思うほど寒さで辛かったので、今年は寒くなりきる前にロームイルミネーションへ行ってきました。

今年は電飾の数も約30万球(だったかな?)アップしているそうで、イベントの好評とローム社の好調さが伺えますね。(笑

さて、ではグルッと一回りして行きましょう。





2_20151217114714e94.jpg

基本的には昨年と同じではありましたが、恐らく電球が増えた分というのは歩道側に設置されたこれらの新たなオブジェ。

東西両側の歩道に沢山設置されているのですが、何気に一つ一つデザインが違って細かい演出がされてます。

設置位置とサイズも記念撮影にも調度良い感じで、皆さん並んで写真を撮られてました。





3_20151217114713578.jpg

かなりグレードアップしていたのはこちらのLEDスクエアビジョン。

昨年は特に何もなく少々微妙だったのですが、今年はほぼここに力を注がれているなというのが分かるくらいに演出が盛り沢山。

行った時は残念ながら開催時間外だったので気付かなかったのですが、なんとフェンスのところにタッチスクリーンが用意されていて

それを使って連動しているLEDビジョンをモニターしながら音ゲーができる仕様になってるようです。 ※土日祝限定

開催日時などの詳細は公式HPにてご確認ください。





1_20151217114715efc.jpg

それでもやっぱり一番綺麗に感じるのは表のメタセコイア並木のエリアですね。

昔はイルミネーションされていたのもここの並木道だけだったので、装飾の仕方にも年季が入ってる気がします。(笑

個人的にはここに来ると「ロームに来た!」という感覚になり、子供の頃からの思い出も甦るような感じです。





7_201512171147101e6.jpg

忘れてはならないのが、このイベントをずっと支えてくれている警備の方々。

道は大渋滞しますし歩道も狭い中、テンション上がって走り回るような小さい子供を連れたご家族の方々も沢山訪れます。

事故やトラブルが無いよう安全の為にと寒い夜にずっとお仕事されてる姿には感謝の限りです。





6_20151217114711be0.jpg

そんなこんなで今年は暖かいウチに来れたので快適にゆっくり見て周れました。

再復活を果たした昨年から1年で随分とグレードアップしてますので、また来年がどんな感じになるか楽しみですね。



カテゴリ: お出掛け

[edit]

Posted on 2015/12/17 Thu. 13:20    TB: 0    CM: 2

杪秋 



なんだか久しぶりにまったりとドライブして美山かやぶきの里まで。

さすがに山手の方まで行くと気温よりも空気自体が冷たく、さすがにフルオープンだと肩や左側頭部(特に耳)が冷えて寒いので

これ以上はハーフオープンが限界となってきましたかね。。。

ちなみに腰の容体も再び少しずつ良くなってきましたが、2時間ほど座っている姿勢が続くとまだまだ左足が痺れてくる感じです。

でもこのペースだと年末年始は苦痛に悶えるようなこともなく、何とか平穏に過ごせそうです…良かった良かった。





1_2015121221155307c.jpg

それにしても今年は暖かい日が長かった為か、京都では紅葉という紅葉はほぼありませんでした。

赤く色が変わる前に全部枯れて落ちてしまった感じです。

まぁ紅葉を見に行けるほど体力に余裕は無かったですが…。

このまま冬に突入してしまうというのも少し寂しい気はしますが仕方ないですね。


いよいよチンクCで初の冬を過ごすことになりますが、正月のような記録的な大雪が降らないことだけを祈る。(笑

さすがにあれだけ積もると幌が耐えられるかどうか心配ですし。。。



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2015/12/12 Sat. 21:53    TB: 0    CM: 2

j.custom 


メーカー:Ibanez
機種:j.custom
型式:RG8540ZD
カラー:DLL
シリアルNo:F1230240

ちょっとギターネタが続いたところで、そういえばコイツのことを紹介していなかったことを思い出しました。

2013年の4月に購入した新たな相棒、j.customのRG8540ZDです。

購入したのは島村楽器さんなのですが、当時担当をしてくれていた店員さんがとても親身になってくれる方で、

ふらっとお店へ立ち寄った時にカタログ見せて「Ibanezのこのギターを買おうかなぁと思ってるんですけど…」と言ったところ

「今ここには在庫無いので1回取り寄せてみますね」ということで、後日に入荷した旨の連絡をもらって再び訪れたら

なんと全国の島村楽器から在庫を調べて、複数本も持って来れる分だけ取り寄せてくださってました。

「杢目の感じとか好みもあると思いますので、この中からお好きなモノをどうぞ!」とのことで、なんて素晴らしき接客魂。(笑

そんなワケで細部まで納得のいくモノを選ばせてもらった1本がこの子となりました。

ちなみにこのギターを購入したのを最後に、残念ながらその店員さんは他の支店へ異動されたとのことです。

短い間でしたがHさん、色々とお世話になり有難うございました。





_04_201512081155177d7.jpg

まぁそんなワケで、どんなギターかということをちょろっと紹介してみますと、形状などのフォルムは他のj.customと全く同様です。

ですが、ピックガードが採用さていることと、PUの配列がj.customシリーズでは初となるS-S-Hとなっているのが特徴。

PUもj.customではお約束だったDiMarzioではなく、Seymour Duncanが搭載されています。(これも当時初だったかな?)

僕にとってDuncanのPUは昔バンドをしていた時に所有していたGrover JacksonのキングVギター以来となります。

当時そのギターの音には良い思い出があまりなく、その印象からDuncanのPUに対しても良いイメージがなかったのですが、

今では音の良し悪しや技術も知識もある程度身に付いたということで、再びDuncanさんにチャレンジです。


S-S-H配列のギターを触るのも僕はこれが初めてのギターなのですが、いやはやシングルコイルを扱うのは難しいモノですね。。。

今まで自分はハムバッカーPUのパワー任せに弾いていたんだなということを痛感させられましたよ。

それでもやっぱりシングルコイルの音というのは弾いていて気持ちが良いです。

リアはハムバッカーですがセレクタースイッチを F ○○○●○ R の位置にするとパワーのあるシングルコイルのような音がします。

S-S-H配列ではありますが、これ1本でS-S-S配列ギターのようなサウンドメイクもできます。

センターPUの機種とリアPUの機種の相性が良いのでしょうか、とても良く計算されたPUが搭載されているような気がします。





_06_20151208115516933.jpg

Ibanezの上位機種ではお馴染みとなったフレットの球面加工。

「Ibanezの」というよりは、これらのギターの製造を行っているフジゲン(富士弦楽器製造)さんの特殊加工技術と言えるでしょう。

その証拠にフジゲンさんから発売されているギターにもこれらの技術が同様に採用されております。


ネック側面のバインディングにもガッツリとカーリー杢の入った材が採用されていて非常に美しいです。

弾いていてもここは視界に入るので、この高級感には思わずムフフとなってしまいます。

ネックも極薄のウィザードネックですが、もう1本所有しているj.customのIRG8470よりも若干更に薄く感じます。

この辺りの微妙な違いはクラフトマンによる差なのでしょうか。





_07_20151208115515a50.jpg

ボディカラーはDark Lapis Lazuliという青色で、カタログでは割と明るいブルーな感じで掲載されていますが実際には藍色という感じ。

この濃いカラー故に杢目はあまり見え難いですが、角度によってはギラリと浮き上がって見えるフレイムメイプル杢が美しいです。

この杢目が僕はかなり気に入っていて、フレイムメイプルというとシャキッとした直線的なラインが特徴の杢目なのですが、

僕は直線的な杢目よりもキルトメイプル的なモヤッとした感じというか、直線的でもふんわりした感じの杢目の方が好きなので

このキルト的な雰囲気が混じったフレイムメイプル杢というのはとてもお気に入り。

複数本の中から選ばせてもらって一番の決め手となったのは、このボディの杢目でした。

他には指板がエボニー材か?と思うほどに真っ黒なブラックローズ指板が採用されていた固体もあり、それと非常に迷ったのですが

その固体はボディの杢目がシャッキシャキのフレイム杢でしたので、最終的にはボディの杢目を優先して決めました。





_08_201512081155150f8.jpg

RG PREMIUMが発表された後に登場したギターですので、このj.customにも同じくゼロポイントシステムが搭載されています。

このシステムも改良され精度が高められているので、バネの強さを調整するダイヤルも簡単に指でクリクリ回せます。

なので、弦のテンションも自由自在に簡単に調整することができます。

RG PREMIUMではレンチをダイヤルに差し込んで使わないと回せないくらい固いので、この改良は非常に有難いポイント。

トレモロブリッジのチューニングの安定感もバッチリです。





_02_201512081155184ba.jpg

総評としましては、j.customの中でも少し毛色の違う機種なのかなという感じです。

IRG8470がゴリゴリのパワーサウンドでHR/HM向けなのに対して、このRG8540ZDは技巧向けというか上品なサウンドという感じ。

まぁこの辺りはDiMarzioとDuncanというPUの違いが大きいのだとは思いますが、結構用途がハッキリと分かれるかなと。

車で例えるとIRG8470をGT-Rとするならば、このRG8540ZDはNSX、みたいな。

野球で例えるとアニキ金本と鳥谷という感じ。

「Ibanez(j.custom)はメタル音楽」というイメージを払拭させてくれるギターのように思います。


いずれにせよ、やはりj.customというギターは造り・質・音と本当に素晴らしいギターです。

IRG8470と同じく、決して手放すことはない一生もののギターとして所有し続ける1本となるでしょう。


 



カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2015/12/08 Tue. 15:08    TB: 0    CM: 6

リペア 



さて、ギターのスイッチ交換&配線処理が必要となったところで、今度はどこの楽器屋さんにお願いするかという問題が発生。

いやまぁ…、たかだかスイッチ交換如きの修理、どこのどんな楽器屋さんでも施工はできると思うんだけどね。

一応そこそこお高いギターですし、とても大切にしている大事なギターなので、できれば安心して任せられるお店が良いワケですよ。

エレキギターは半田付けの仕方1つ取っても音に影響しないこともないですしね。

かと言って、僕は車椅子ですのでスペース的にも入れるお店というのは限られてくるワケです。

楽器屋さんって、通路が人1人ギリギリ通れるという感じのお店が多いじゃないですか。。。


そこでお店探しをしていたところ、幸いなことに兄貴の仕事関係で繋がりのある『リッツ楽器』さんを紹介してもらえることに。

お店に伺ったところ皆さんとても親切丁寧に対応していただきまして、突然の訪問にも関わらず楽しくお話もさせてもらいました。

ということで、リッツ楽器さんなら安心してお任せできそうですし部品も取り寄せになることから、そのままギターをお預けしてきました。

愛機とは暫しのお別れとなります。

ギターをどこかに預けるなんてことは正直ギターをするようになってから初めてのことなので、妙にそわそわしてしまいます。

他にもギターは何本かあるので困ることはないのですが、いつも部屋にあるものが無いというのは不思議と寂しく感じますね。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2015/12/03 Thu. 22:35    TB: 0    CM: 1

セレクター 



ふがーっ、PUの切り替えスイッチが壊れたー。

クリックが全く無くなって超スムーズにスコスコ動いちゃうだわよ。

前にも1回壊れて、その時は自力で修復して騙し騙し今まで使ってきましたが、ついに限界を迎えた模様。

一応今回も修繕を試みましたが、不覚にもスイッチを強く引っ張ってしまい半田付けされている配線を断線。 しかも2箇所…

半田付けするのも面倒くさいので、この際スイッチの交換ついでに配線も楽器屋さんで全部やってもらおう。。。

久しぶりのブログネタがギターの故障とは…トホホ。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2015/12/01 Tue. 23:31    TB: 0    CM: 6




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。