POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

スケール その5 

さぁ皆さん、今回でスケールのお話しは

これで最後になります。

あとは各自でスケール本を手に取り、

僕が大雑把に説明したことの より詳細を理解し、

ここでは説明もしきれていない部分も知ることで、

更に「なるほど!」と、奥の深~いスケールの道に

入り込んでしまうことでしょうw


大丈夫、ここで書いたことを理解出来たのであれば

大抵のスケール本、理論書を読んでも理解することが

出来るようになっているハズです。

勇気を振り絞って楽器屋さんの書籍のコーナーへ

突入してみましょう!


で、ここでちょっと補足。

スケール本と言っても、限りなく種類がありますし

「どんなのを選べばイイの?」と思ってしまうでしょう。

そこで、スケール本選びの注意点をいくつか。


1. 後々 置き換えて理解しやすいモノを!

今回僕が紹介したように、Aマイナー、Cメジャーを

基準に全てのスケール、理論が説明されているものを

チョイスするようにしましょう。

不親切なスケール本というのは、なぜかKeyがバラバラで

スケールが紹介されていたりします。

そうなると、「このスケールはBマイナーの形、

このスケールはGメジャーの形」とか、スケールによって

覚え方も変わってしまい、後々になって頭の中が

こんがらがってしまう事になります。

あくまでも基準音、トニックは僕が説明したように

「ラ」もしくは「ド」で紹介されているモノを選びましょう。

とにかく基準が統一されているモノを。


2. 全て載っているか!

スケールは指板上にいくつかのポジションが

あると説明したように、全てのスケールの

全ポジションが紹介されているモノを選ぶこと。

こういう風な感じで。

110202.jpg
※書籍ですので、中身は伏せています。

これは、ここで紹介したドレミファソラシド

(ナチュラルマイナースケール)の全ての

ボックスポジションが書かれています。


不親切、入門用のスケール本にありがちなのが

僕が説明してきたような、ボックスポジションを

1つしか紹介していない書き方をされているモノがあります。

1つのボックスポジションと音階だけが書かれていて、

「あとは自分でポジションを探してね」と言わんばかりに

全くの不親切な入門用スケール本というのが

結構ありますので、ご注意を。

ちゃんとしたスケールブックなら大抵は大丈夫なのですが…。

僕はとりあえず取っ付き易くする為にボックスポジションの

1つだけを紹介するようにしました。

いきなり全ポジションを紹介しても理解し辛かったと思うので。


3. 入門者に易しいモノを!

これはオマケ的な部分でいいのですが、

スケールというのはとても沢山の種類があります。

中には、あるコードの時にしか使えないモノなど。

そういった用途まで説明されているモノは

とても良心的な良い本だと思います。

ダラダラとスケールだけを紹介されている本よりも

「このスケールはこういうコード進行で、

このコードの時に使うとこんな響きになって効果的」


みたいな感じで説明までされていると最高です。


と、僕が思うに、スケール本選びに重要な内容は

この3つ(特に最初の2つは絶対)ですね。

パッと読んでみただけで判断出来なかったら

店員さんに聞いてオススメのモノを教えて貰いましょう!

店員さんのババを引かないようにだけ注意してww


あと、スケール本を買った(持ってる)はイイものの、

何から覚えたらいいのかサッパリ…という方の為に。

まず、入門者が覚えるべきスケールは3つ!

1. メジャースケール

2. ペンタトニックスケール

3. ハーモニックマイナースケール


とりあえずこの3つだけは確実に覚えましょう!

この世に出回っている音楽の殆どは、

この3つのスケールで成り立っていると言っても

過言ではありません。

言ってみれば、この3つのスケールさえ知っていれば、

どんな音楽でもアドリブ、セッションが可能であると言えます。


そして、殆どのスケールも、この3つのスケールを

理解していれば、基準にして覚えやすくなるので、

この3つを覚えることは必要不可欠なのです。

気合を入れて、この3つのスケールの全ポジションだけ

とにかく覚えましょう。


と、こんな感じでスケール・アドリブについて

大雑把ですが長々と解説してきましたが

どうだったでしょうか?

ギター初心者の方には退屈な内容だったと思います。

ごめんなさいm(_ _)m

でも、これを読んで「自分もスケールを知ろう!」と

思ってくれた方が居たら、本当に嬉しく思います。

アドリブ合戦ギターバトルプレイを目指して、

これからも日々の練習、頑張ってください!

基礎理論、基礎知識は身に付いたかな?

以上を持ちまして、スケールのお話しは終了です~。



カテゴリ: スケール

[edit]

Posted on 2011/02/18 Fri. 16:57    TB: 0    CM: 11

この記事に対するコメント

教則本か~、やっぱ買ったほうがいいですよね
今までネットで調べてやってきましたがそろそろ本にも手を出してみます
少し頑張って買ってみようと思います!

「あとは自分でポジションを探してね」←まさにそのやり方で今までやってましたww
そのおかげで指にしっかり染み付きましたが・・・w
やっぱボックスのほうがすんなり覚えるんでしょうか?

最後に、スケール教習ありがとうございました
そしてお疲れ様です!

URL | ポン酢 #-

2011/02/18 22:41 * 編集 *

お疲れ様です!
前回はコメント出来ませんが、その1からその5まで数回繰り返して読ませていだきました。
なんと言いますか、見事にスケールの世界へ背中を押されましたよw
まだまだスケール知ってから日が浅いので、応用なんて無理な話ですが、順を追って徐々に理解できたらなと思っています!

ただ、致命的な問題が一つw

コードを全く覚えてないよ俺!!!

4年近くギターやってる人間にしては逆に珍しいのかなと若干開き直ってますが、とりあえず本格的にスケールを勉強する前に基本的なコードを覚えなければ・・・w

URL | ジャック #Fc6r4EsA

2011/02/19 00:13 * 編集 *

スケール1~5まで読ませていただきました
かなり分かり易くて助かりましたww
今度、スケール本みてこようと思います(´`)

URL | はいち #ZzUW/Mvo

2011/02/19 10:49 * 編集 *

スケール教習お疲れ様です
1~5まで読ませていただきましたが
アドリブのあたりからわからなくなりましたw
自分の国語力の無さに泣けてきますww
一つのボックスポジションだけでもアドリブって可能なんですか?
やっぱり初心者の自分はまず基本的なコードを覚えたほうがいいですよね・・・
とにかくスケールの世界に興味がわきましたwww

URL | タオン #-

2011/02/19 20:42 * 編集 *

丁寧にありがとうございます!

スケールって難しいイメージがありましたが、がんばっていこうと思いますw

よければこの記事にのっている本のタイトルを教えていただけませんか?

URL | s #-

2011/02/22 15:58 * 編集 *

Re: ポン酢さん

覚え方としては、勿論ボックスで覚えた方が楽でもあるし、後々便利なんですよね。
そしてアドリブをプレイしている際、ふと自分の弾いている音階であったり、フレーズによっては運指とかを忘れることがあったりします。
そんな時、ボックスで覚えていれば無理矢理にでも形に持っていくことも出来ますし、ライトハンドフレーズなんかを弾く時にポジションを把握しやすいですよ(^^)

でも自分なりの覚えた形であろうと、全体をちゃんと把握さえしていればどんな覚え方でも問題はないですよ♪

URL | yukki71 #-

2011/02/23 22:20 * 編集 *

Re: ジャックさん

有り得ねぇ!ww
コード全く覚えてなくてあれだけ弾けるなんて有り得ねぇ!!www
それは異色も異色でっせ…(汗

今すぐエックスの全曲をコードで弾き語り出来るようになるまでコードを練習するのです!

URL | yukki71 #-

2011/02/23 22:23 * 編集 *

Re: はいちさん

とりあえず、なんとなくでも理解出来ていたら大丈夫です!
頑張ってみてください!

URL | yukki71 #-

2011/02/23 22:24 * 編集 *

Re: タオンさん

う~ん、確かに必要最低限のコードくらいは覚えておいた方がいいですね。
どうしてもスケール、アドリブ、コード、の3つは常に連動しておりますので。

勿論、1つだけのボックスポジションでアドリブは可能です…というか、そういうものなんですw
ピアノの一箇所だけのドレミファソラシドを使うのと、鍵盤の左から右までのドレミファソラシドを使うかの違いです。
今は、一箇所だけのドレミファソラシドの形を覚えたに過ぎません。
全て覚えるにはスケール本を参照しましょう、ということです(^^;)

URL | yukki71 #-

2011/02/23 22:29 * 編集 *

Re: sさん

この本はリットーミュージックから出版の 成瀬正樹さん著「ギター・スケール・スタイル・ブック」です。
結構スケールや理論の初心者向けで、解かり易く説明されています。
それでも???と思うところもあるくらい、理論の話になると非常に難しいですけど。。。
ぜひスケールの世界、頑張ってみてください!

URL | yukki71 #-

2011/02/23 22:34 * 編集 *

この記事が書かれてからそろそろ3年が経とうとしていますが、今1~5まで読ませていただきました。正直ネットでほかのサイトのスケール紹介を見ても訳がわからずスケールにはいっていけなかったのですが、yukkiさんの記事は本当にわかりやすくて助かりました!今度本でも買って詳しく勉強しようと思います!以上ギター歴1年半の初心者の感想でした。

URL | t #-

2013/12/10 05:22 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/105-20ae9ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。