POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

ピッキング 基礎練編 その1 

さぁさぁ、いよいよピッキングの基礎に

突入いたしますよー。


基本的には 基礎練はスケールと併用して

練習していくと一石二鳥なのですが、

いきなり初心者の方にスケールの話とか

言い出しても 訳が解からんと思うし、

ここではスケールとか そんなの関係無しで

誰でもピッキングの基礎練が出来るやり方を

紹介したいと思います。


あと、基礎練をするに当たっての音色ですが、

歪みやリバーブなどのエフェクトは

一切、全部外して(0にして)しまいましょう。

練習段階で誤魔化しをしていては

いざ本番で弾けないという事になりますので。

それでは練習しても何の意味も無いですから。

どうしても最初は やり難いのであれば

少しだけ歪みを足したくらいの音色に

しておきましょう。


で、まず練習に必要になってくるのは、

リズムマッシーンやメトロノーム等の

リズムを刻む為の機械。

これは絶対に必要になります。

持ってない人は必ず買いましょう。

リズムマッシーン無しでの練習なんて

絶対に上達しません!


という事で、とりあえずここからは

リズムマッシーンありきという設定で

話を進めていきますよ~。


てな感じで、こんなモンを作ってみた。

ジャンッ!

kiso01.jpg

これは、どこのどんな教室へ行こうと

必ず教わるであろう、初歩中の初歩の練習法。

しかーし!

初歩だからと言って馬鹿にしてはならない!

これをどれ程のクオリティで出来るかという事が

自身のギターレベルにも関わってくるのです。


では解説。

これは単純にオルタネイトピッキングのみで

プレイしていきます。

ダウン、アップ、ダウン、アップ…。

左手は人差し指、中指、薬指、小指の順で

5・6・7・8フレットを押さえていき、

帰ってくる時はその逆で。

で、最初は自分が確実に弾ける速さから始めます。

サンプル音源を作ってみたのでドーゾ。

※サンプル パターン1

前半は♪=80で、後半は目標速度の♪=180です。


どうですか?

ゆっくりだと問題無く出来そうだけど、

速くなると なかなか綺麗に弾くのは難しい。

注意するポイントは、弦が変わる瞬間の所。

一番最初で言うと6弦8フレットから

5弦の5フレットにピックが移動する際、
 
6弦と5弦の内側を弾く"インサイドピッキング"になるので、

5弦に移動する際にピックが6弦に擦ったり、

アップピッキングを空振ったりしないよう、

しっかりと音を出す意識をして弾いていきましょう。

慣れてきたら右手はアップからのオルタネイトも

練習していきましょう。


パターン2は、パターン1が一通り出来た人用。

やる事は全く同じです。

弦飛びフレーズなので、ミュートをしっかりして

雑音を消す事を意識して練習していきましょう。

※サンプル パターン2

若干、全体的にミュート気味で弾くと

割と綺麗に弾き易いです。

サンプルくらいの雑音なら許容範囲なので、

これ以上の雑音が出ないように頑張りましょう。


このパターン1は 僕も未だにやってます。

「あれ?ちょっと調子悪いな…」とか

「右手のツブが揃わないな…」という時は

必ず練習するようにしています。

基礎ってそういうモンだと思います。

出来るようになったから終了~♪ ではなく、

いつどんな時でも行うから基礎なのです。


まぁ確かにこんな練習ばかりしていても

面白くもなんともないし、これでギターを

弾く事に飽きちゃったら本末転倒なワケで、

とりあえずはギターを手に取った最初と、

ギターを弾き終える最後に ちょっとだけでも

このパターン1の練習をするという、

日々の習慣みたいにしてみてください。


※ ※ 基礎練編 その2へ ※ ※



カテゴリ: ピッキング

[edit]

Posted on 2010/09/21 Tue. 19:41    TB: 0    CM: 6

この記事に対するコメント

お!本格的っすね!ご丁寧にTAB譜まで作っていただけるとはありがたやありがたや

確かにパターン1はよく見る練習法ですね!教則本の立ち読みでなんども見かけたことあります!

自分もこれは気が向いたときにちょくちょくやってるんで「よゆーよゆー」とか言いながらあっさりクリアできたんですけど、パターン2になると「えっ・・・」ってなっちゃいましたw

弦飛びなんてあんまり世話にならないものですから、ちょっと手こずりましたね。でもがんばった!もう80だろうが180だろうが怖く無いですよ!200でも行けるぐらい!(それは言いすぎ

自分教えてもらうのがホント苦手で教則本とかすぐポイしちゃんですけど、yukkiさんぐらい身近で技術もある人だとついついやっちゃいますね!yukkiさんの講座なら一つ一つこなしていけそうな気がしますワタシ

URL | ジャック #Fc6r4EsA

2010/09/22 19:59 * 編集 *

Re: ジャックさん

そう言って頂けると嬉しいし、やり甲斐もあるってもんですヨ(´∀`)

うん、動画を見る限りでは 多分ジャックさんはこんなの問題無いと思う。
僕は一応♪=220くらいまでは練習したかな。

でもこれを楽勝とは言え、これをアップからのオルタネイトでも速く弾けるかな?
アップからのオルタネイトは目標速度を♪=180とまでは言わないけど、一応しっかり練習しとかないとダメよん。(まぁ速弾きしないのであれば速さに拘らなくてイイけどw)

そしてこれからは基礎のパート2として、オルタネイト強化編を作ってみるつもりなので、お楽しみに(´ー`)

URL | yukki71 #-

2010/09/22 21:58 * 編集 *

う~ん・・・難しい;

改めて基礎はしっかりやっておかないといけないなと思いました、特に速弾きは全然やってこなかったのでテンポが速くなると全然だめでした。右手もそうですが、左手もきついです;小指と薬指が上手く動いてくれません。

こういう練習は好きなので、この練習を日課にして速弾きの「は」の字くらいは弾けるようになりたいです。

URL | もーさん #-

2010/09/25 15:23 * 編集 *

Re: もーさん

速弾きをするというよりは、早い速度でも弾けるようになることで、ゆっくりのフレーズを弾いた時の安定感を増す為の練習と思った方がイイかもしれません(^^)
ちなみにこの練習は運指練習にもなりますから、しっかりと落ち着いてチャレンジしてみてくださいね。

そして速さに慣れてない人は♪=140辺りから大きな壁に当たると思いますが、地道に気長~に反復練習してください。
そして自分でどうやったら綺麗に弾けるか、常に考えながら弾くこと。
ゆっくりで弾けている時と、早くなると弾けない時と手の使い方にどこに違いがあるのか、とか。

ガンバッテ♪

URL | yukki71 #-

2010/09/25 15:52 * 編集 *

yukkiさん初めまして!今までは読むばかりでしたが初コメント
です!

自分は今パターン1を練習しています。
上りフレーズは160近くいけますが下降フレーズが全くついて行けない・・・

あと教えてもらいたいことがあります、下降のフィンガリングは

1、指一本ずつピッキング
2、全ての指を指板に付いた状態からピッキング
どちらで練習したら良いでしょうか?




URL | シルフィ #-

2011/02/07 23:38 * 編集 *

Re: シルフィさん

はじめまして&いらっしゃいませ~(´∀`)

ほぃほぃ、ご質問ですね~。
特に下降フレーズなんかは基本的には指一本ずつです。
でないと、こういうフレーズの場合、どうしても人差し指に無理が出て来ますよね。
で、1本ずつとは言っても、常に「次に使う指」は"弦を押さえる準備"をしておくことです。
1本ずつ指を動かしていると、どうしても各指がバタバタしてしまって、細かいことも出来なければ速くも動きませんしね。

大丈夫、上昇フレーズを160近くまでイケるようになったんなら、同じ要領でゆっくりから練習していけば、絶対に出来るようになります!
むしろこればっかりは「出来るようになるまで練習するしかない」ことなので、頑張って!

URL | yukki71 #-

2011/02/10 22:14 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/36-331090bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。