POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

RG PREMIUM 


メーカー:Ibanez
機種:RG PREMIUM
型式:RG870QMZ
カラー:BI
シリアルNo:00844A

初のj.custom以外のIbanezギターになります。

とは言っても、ほぼj.customの廉価版と言ってイイ程のギターですが。

このギターは、もう正直このBI(Black Ice)カラーに一目惚れ。

ESP社には以前から同じようなカラーのギターがありますが、

「Ibanezからこういうの出ないかなぁ~」と昔から思っていたので

Ibanez党の僕としては、まさに願ったり叶ったり。

そしてIbanezでは珍しいキルトトップの杢目模様ということで、

もはや見た目オンリーだけの勢いで買ってしまいました。

仕様や性能は二の次三の次でw




_08_20130219105745.jpg

かと言って、このギターは性能が低いかと言うとそうではなく。

価格帯からしても、このクラスのギターではありえない装備が盛り沢山。

まずj.custom同様、フレットの球面加工。

j.customとはフレットのサイズや質が少し違うようにも感じますが、

違和感などは全く無く良いフィーリングを与えてくれます。

ネックもRG PREMIUM用にリファインされたウィザード(極薄)ネック。

j.customよりも2mmほど厚くはなっていますが、充分薄い部類。

ネックの幅(ナットサイズ)はj.customよりも細い仕様です。

これは人によってフィーリング的に分かれるんじゃないでしょうか。

僕はj.customの広いタイプの方が好きですけどね。




_11_20130219105743.jpg

ネックジョイント部のヒールカットは、さすがに通常タイプ。

しかしRG1880とは違いネックが薄い分、弾き難さは皆無です。

ネックのグリップ部の処理は、コストカットの為か少し安さを感じます。

j.customはツルツル、RG PREMIUMはサラサラという感じでしょうか。

まぁ価格帯からして問題無く妥協できるレベル。




_09_20130219105744.jpg

PUはDiMarzioではなく、RG PREMIUMオリジナルとのこと。

HSHタイプで、フロントから『CAP-VM1』『CAPVM1S』『CAP-VM2』

というモノになっています。

で、このPUもさすがIbanezと言うべきか、まるでDiMarzioのように

中域が凄く太くてパワー感のあるサウンドをしています。

PUはコストカットなんでしょうけど、それを感じさせないサウンドです。

意図的にj.customに似せているのかどうかは解かりませんが、

まさに同類というか、同じ傾向をしていると思います。




_10_20130219105744.jpg

個人的には一番の装備だと思う、このゼロポイントシステムです。

このクラスのギターにこんなモノまで付けちゃうか、っていう。

で、フィーリングは通常のトレモロブリッジと少し変わります。

ゼロポイント部がバネで固定してある分、チョーキングやアーミング時に

微妙にテンションが掛かったような感触があります。

まぁ、違和感として感じる程のモノではなく、すぐに慣れますし

コレはコレとして弾けばイイので問題無いでしょう。

テンションの調整も楽に出来ますし、メリットの方が大きいです。


総評として、コストパフォーマンスとしてもかなり良いと思います。

このPREMIUMは個人的にもかなり気にってますw

まさにビギナー、中級者には打って付けではないかと。

確かにネック材やインレイなど、他にも細かい部分を見ていくと

「まぁこんなモンか」と思う部分もありますが、そこまで求めるなら

「プレステージかj.customを買えよ」というレベルなので、

あくまでも廉価版として考えれば、充分過ぎる性能だと思います。


フィーリング、サウンド、弾き心地、どれもj.customと同様の感覚で

扱うことができますので、普段使う練習用として活躍してくれてます。

ちなみに暴れん坊将軍は、このRG PREMIUNですw



カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2013/02/16 Sat. 19:48    TB: 0    CM: 10

この記事に対するコメント

Rusty Nailで使用されていたギターですね。
動画ではグレーっぽく映ってますが、実際はこんなに綺麗な色だったとは。
サウンド面でも、大した耳を持ってない私からすれば、j.customと変わらない感じがします。

URL | ぱるぷんて #RqWBMyRA

2013/02/19 15:35 * 編集 *

なんとまあわかりやすい解説(゚Д゚)
いろいろ参考にさせていただきますm(__)m

URL | D. #-

2013/02/19 17:57 * 編集 *

てんしょんあがるぅ~~~~ヽ(^。^)ノ
ギターの写真はいいっすなぁ・・・
ところでart of lifeではどの子を使うんですか?

URL | ンジャルメーナ #-

2013/02/19 18:42 * 編集 *

RG PREMIUMカッコイイですね~

yukkiさんのユーストリーム見て以来、すごく気になっていたギターです。

二本目はこのギターにしよう!と思ってます。
(二本目のギターなんて、買うのはまだまだ先ですけどね^^;)

URL | ジュン #YjTMmlic

2013/02/20 08:32 * 編集 *

おお、そういえばPremiumの記事がまだでしたね。写真もまた凝ってらっしゃる。

エッジの球面加工いいですなぁ。現行j.custom試奏した時なるほどと思いましたよw
yukkiさん僕とほぼ同型のj.customをお持ちなのでだいたいわかると思いますが、やはり新と旧のIbanezじゃ機能面がだいぶ異なるようですね。
実際のところ通常のフロイドローズと比べてゼロポイントシステムはどうなのでしょう?前者はなんだかんだ激しいアーミングすると結構チューニングがズレますがやはりその辺り改善されているのでしょうか。

URL | ジャック2号 #Fc6r4EsA

2013/02/20 11:31 * 編集 *

Re: ぱるぷんてさん

グレーはグレーなんですけど、光の色に結構影響されますね。
蛍光灯下ではグレーよりも緑っぽく見えますし。。。
ストロボの純粋な光を当てて見えるこの色が、本来のカラーなんでしょうね。
カタログに近い色を再現できましたw

さすがに音は生(直)で聴き比べないと、ってなレベルですけどね(^^;)

URL | yukki71 #-

2013/02/25 19:30 * 編集 *

Re: D.さん

お、プレミアム狙ってますか?w

URL | yukki71 #-

2013/02/25 19:31 * 編集 *

Re: ンジャメーナさん

それは出来上がってからのお楽しみ♪

URL | yukki71 #-

2013/02/25 19:31 * 編集 *

Re: ジュンさん

サブで使うもヨシ。
メインでも通用する性能も持ってますし、良いギターですよ(´∀`)

URL | yukki71 #-

2013/02/25 19:33 * 編集 *

Re: ジャックさん

ゼロポイントはやっぱり弦が切れてもチューニングが狂わないというのが一番の強みかな。
ロック式を使う人にはライブなんかでは超強力アイテムですぜ。
まだその恩恵を受けたことはないが…w

アーミングによるチューニングの狂いは部品(バネ等)の劣化とか、バネと弦の張力の調整や弦そのものの影響もあるとは思うけど、僕が所有しているj.customはどれも全部問題ないよ~。
そりゃ無駄に頻繁にグィングィン(弦がベロベロになるまでとか)してたら若干の狂いは出てくるけどもw
いくらフロイドローズと言っても「絶対」ではないからね(^^)b
あまりにズレて「これじゃロック式の意味ねーじゃん!」みたいな状態なら、一度楽器屋さんへ持って行って調整をお願いしてみたらイイよ~。

URL | yukki71 #-

2013/02/25 19:41 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/414-9a892cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。