POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

GT-001 



CUBE Liteに続き、買い足した機材紹介の第2弾。

BOSSのマルチエフェクター『GT-001』です。

このGT-001は、BOSSのフラッグシップモデルであるGT-100というマルチエフェクターを卓上使用に特化させたモデル。

決してGT-100の廉価版ではなく、中身はそのままに価格を大きく抑えた自宅ギタリストに優しいコンパクトマルチエフェクターです。

その性能の高さと値段の安さに思わず即決で買ってしまいました。

人気が出てきたからか今は地味に少しずつ値段が上がっているようですが、僕が購入した当時は3万円切っておりました。

この性能でこの値段というのは昔では考えられないですね…まさにジェネレーションギャップとはこのことか。

僕が音楽活動をしていた当時にこれくらいの性能のマルチエフェクターなら20万円くらいはしていたと思います。

しかもこのレベルの性能となると大掛かりなラックエフェクタークラスでないと存在しませんでした。

嬉しいやら悲しいやら…良い時代になりましたねぇ。。。





_02_201602211035261e1.jpg

システムや操作性は往年のBOSSマルチという感じで、BOSS製品のマルチを触ったことのある方だと難無く操作できると思います。

僕は十数年ぶりにBOSSエフェクターに返り咲きましたが、「うぉー、懐かしいー!」と思いながら説明書を見ることもなく扱えました。

さすがにBOSS製品に慣れていない方はシステム構成を理解するまで最初のウチは少し判り難いかもしれません。

僕の感覚としてBOSS製品の操作性は少しクセがあるように思いますし。





_05_20160221103524543.jpg

しかし、そんな方でもご安心あれ。

このGT-001はなんとUSBケーブルでパソコンと接続することによって、操作を全てパソコン上でコントロールすることが可能なのです。

パソコン上での操作の方が直感的に扱えて簡単ですし、なにより各エフェクターの設定値なども一覧で確認することができるので

音作りの時間短縮に大きく貢献してくれるシステムと言えるでしょう。

そして僕がGT-001を購入した一番の理由としてあるのが、パソコンと接続して利用できるBOSS TONE CENTRALというアプリ。

このBOSS TONE CENTRALでは世界で有名なプロギタリスト達がBOSS製品(ME25、ME-80、GT-100、GT-001…etc)で作った

パッチ(音色リスト)をダウンロードしてそのまま自分が使うことができてしまうというモノ。


なんと、今僕の中で最もアツいギタリストであるタイ人ギタリストのJack Thammarat(ジャック・サマラット)氏が作ったパッチも

GT-100、GT-001用として公開されているではありませんか!

というワケで光の速さでJack Thammarat氏のパッチをダウンロードして使っておりまする。

もちろん使用しているギターやスピーカー環境の違いから、そのままでは全く同じ音というワケにはいかず微調整は必要ですが。

いやホント、素晴らしいシステムですね…。

「この音色はどういう作り方をしているのか」ということが把握できるので、自分の音を作る際にもとても勉強になります。





_04_20160221103525919.jpg

サイズもコンパクトエフェクター2つ分くらいで、まさに卓上として使うには最適サイズ。

前回紹介したCUBE Liteとも接続して使っていますが、同じRoland製品ということもあって相性も良いですね。

ベッドサイドではGT-001本機を触り、パソコンの前ではパソコン上でGT-001を操作するということが可能になりとても快適です。

そしてやはり一番感じることは、空間系のエフェクターはRoland、BOSS製品に限るなということが再確認できました。(笑

あっさりとLINE6をもう片付けちゃいまいた。。。


パッチの設定にバンクが無くABCDの4つしか設定できないので、それ以外の音を呼び出すのにワンタッチというワケにはいかず

その辺りが少し不便なデメリットではありますが、まぁ卓上使用ですのでそこにスピードは求めないので許容範囲ではあります。

ライブ等での使用を考慮される方には不向きですので、そういう方にはGT-100をという感じなのでしょう。






カテゴリ: 楽器・機材

[edit]

Posted on 2016/02/21 Sun. 12:33    TB: 0    CM: 1

この記事に対するコメント

sadistic desire聞いて感動して、アップされている曲をひと通り聞きました。
GT-001を使った新曲をずっと楽しみに待ってます!

URL | mado #-

2016/11/23 15:24 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/745-1d5020ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。