POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

不安要素 



マ「躍・動・感!」


先日マルコを病院へ連れて行ってきました。

以前から左の後ろ足を上げてケンケンするような体勢をすることがありまして。

でも特に痛がったり鳴いたりすることもなく、すぐに元に戻って元気に走り回るので少し様子を見ていたのですが

ちょっとその頻度が多くなってきたので心配になり診察してもらうことに。


診察の結果は『亜脱臼』。

成長過程で関節の受け皿となる骨がしっかりと形成されず、ちょっとした拍子に膝関節がカクッと簡単に外れてしまうとのこと。

生まれつきなのか、何かが切欠で発症したのかは分からないですが、これは小型犬ではよくある症状だそうです。

でも驚くことにこの亜脱臼は、本人は全然痛みも感じず、自分で足を伸ばして治すことができるのだとか。

言われてみるとマルコもケンケンした後、自分で「ん~」と伸びをするように足を伸ばした後、すぐ元通りになります。 エスパーマルコ

勿論、痛みも感ずにすぐ元通りになるとはいえ、脱臼してることには変わりはなく放っておくのはダメということで

最終的には受け皿となる骨をガッシリと受け止める形になるように削る手術が必要とのことでした。

ただし、今はまだ体も骨も成長途中なので、この手術は成犬になってからだそうな。。。

1歳~1歳半になった頃に、またその時の状態を診て相談しましょうとなりました。

成犬になると自然に治ってしまうこともあるそうなので。

まぁ、まだ生後5ヵ月だもんな。





IMG_0943.jpg

しかし当のマルコは全くお構いなしに走り回り飛び跳ねて遊んだりするので、もうこっちはヒヤヒヤものです。。。

遊び方も変えて、少しでも足への負荷や衝撃を緩和するために、家の床に何かしら対策を施してやる必要がありそうです。

散歩も今まで30~40分でしたが、先生から「それなら20分を2回に分けてやる方が良いよ」とのアドバイスも貰いました。


もうとにかく元気なヤツで、40分歩いても家に帰って来てからまだ「今度はこれで遊ぼっ!」とオモチャを持ってきて催促したりで、

まぁ~パワーは有り余ってる感じのマルコ。

今一番元気な時なのだとは思いますが、もうちょっとはおしとやかに大人しくなりなはれ。(笑



カテゴリ: マルコ

[edit]

Posted on 2016/06/12 Sun. 19:01    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/762-bba7cbd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。