POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

アルト ターボRS 



ひょんなことからスズキのアルトターボRSに乗る機会がありました。

この新型アルトにはFIAT500と同じくシングルクラッチAT(いわゆるAMT)があり、どんな感じなのか発表時から気になっていました。

FIATのAMTミッションはデュアロジックという名称ですが、アルトのAMTミッションはAGSという名称になるようです。

ちなみに嘘か真か、FIATのディーラーさん曰くアルトのAGSミッション自体はFIATのデュアロジックミッションのOEM品とのこと。

同じミッションを搭載し、セッティングが違うだけというお話しでした。

まぁそんな話を聞いていたもんですから、FIAT500と同じような感覚ならこの車も面白いだろうなーと思って乗り込んでみたところ。

……全っっ然違う別物のフィーリングでした。





IMG_9905.jpg

まずFIAT500のデュアロジックにはMT車と同様にクリープがありませんが、アルトのAGSにはクリープがあることに驚き。

尚且つ1速のエンジンフィールがまるで普通のCVT車のような感覚。

FIATのデュアロジックはあくまでもMTがベースで、クラッチ操作を『オマケ』で自動化しているようなモノなのですが、

アルトAGSはどちらかというと、従来のAT車に乗っていた人が極力違和感を感じないように、敢えて『AT感』を強くしている印象です。

まぁそういう意味ではFIATのデュアロジックは国産AT車の感覚で乗ったら違和感の塊みたいなモノになりますが。(笑


とは言え、アルトAGSもシングルクラッチのAMTですから、変速時にはデュアロジック同様に大きなラグやショックがありますし、

ATの感覚のまま乗れるかというとそうでもないレベルで充分に違和感はあって、ちょっと中途半端な仕上がりな印象を受けました。

ただし、これはAMTのフィーリングの話なだけであって、エンジンの速さには本当にビックリ。

FIAT500のツインエアエンジンが85馬力とは思えないパワー感にも驚きましたが、アルトRSの加速はそれ以上にも感じました。

まさに2速の加速なんかは「いや、これ64馬力とかウソだろっ!?」というレベルのパワー感。

最近はダウンサイジングエンジンの技術も凄く、もはや一昔前の車のスペック・数字は何の参考にもならないですよね。

国産車のエンジンも、新世代のエンジンに突入しているんだなぁと。





IMG_9908.jpg

こんな感じで、今回はミッションのフィールがどんなモンかを重視して乗っただけですので、ミッションの話ばかりになりましたが。。。

これだけ言っておきますと、アルトのAGSだけに試乗して「あー、AMTってこんな感じなんだ…FIATとかもこんななのかぁ。」

という風には思わないでください…全然運転の仕方や感覚も違いますので、是非機会があれば乗り比べてみてください。

まぁFIAT500とアルトターボでは車のジャンルも違いますし、好みや乗る目的も違いますけどね。


うん、やっぱり僕はチンクのフィーリングが一番好き。



カテゴリ: FIAT 500

[edit]

Posted on 2016/07/27 Wed. 12:08    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/768-d625c547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。