POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

シン・ゴジラ 



我が家のゴジラ。 ピギャー

というワケで、公開されてから随分と日も経ち、ネット上では徐々にネタバレ記事などもチラホラ出てきてしまっているので、

それらの前情報など何もない状態で観たいが為に今のウチにと観に行ってきました。


感想としましては「面白かった!」です。

そしてハッキリと賛否があるというのも納得の内容でした。

特別エヴァが好きでもない僕からしたら、あのクド過ぎる「エヴァ感」でイマイチ作品に入り込めなかったのが少々残念。

予告のイメージから、もっと純粋にシリアスな雰囲気の作品を想像・期待していたのもありますが。。。

「エヴァンゲリオンの庵野さんが手掛けた作品」というのを理解した上で観ないと、ちょっと演出を理解し難い人も多いのでは…と。

逆にエヴァが好きな人からしたら、たまらない作品に仕上がっているように思います。


子供の頃から一通りゴジラシリーズは見てきましたが、やはり僕は「恐怖の対象」として描かれているゴジラ作品が好きなので

その点、このシン・ゴジラはとてもゾクゾクできる展開だったのがゴジラ作品としてとても良かったです。

個人的にはストーリー展開を把握した上で、さらには色々と議論されているような内容も踏まえて、もう一度観賞したいなぁと。

そして、その様に思わせてくれるのも、良くも悪くもやはり庵野さんの作品らしいなと。

時間があれば上映期間内にもう一度観に行こう。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2016/08/17 Wed. 14:12    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

お!yukkiさんも見に行ったのですね!
最近見た映画では一番面白かったです。ゴジラは完全ににわかで、新劇エヴァQでやらかしたのもあるし期待せず見に行くかー程度だったんですが、一本取られました。
チープなパニック映画ではなく、政府の若者ががんばる、まさに「日本はまだまだやれる!」の台詞の通り強いメッセージを感じる作品でした。
政府のお偉いさんたち一部の無能さや、海外の圧力事情にも風刺の効きっぷりが素晴らしくそのリアリティに感心。もちろんゴジラのあの形容しがたいアンノーンな感じがなんとも不気味でこれもリアル。
で、yukkiさんは最後の謎の1枚絵についてどうお考えですか?内容的なお話ではなく、ああいう謎を残して終わる手法は、エヴァ然り僕の大好きなまどかマギカ然りで叙情的な作品ではわりと見られるのですが、ああいうのが苦手という人が結構いて驚いたり。そういう謎を考察したがるオタクは、それこそここ1、2年ぐらいで急激に減ってきているように感じますが、それでもこの手法を貫いた監督には拍手を送りたいなと。ある程度謎を残して完結する手法好きなんだけどなぁ…(もちろん作中や姉妹作中に謎を解くヒントをちゃんと準備してるものに限りますが)

URL | ジャック2号 #UZdmcYDw

2016/08/19 14:44 * 編集 *

Re: ジャック君

まぁ僕はどっちかっつーとゴジラやエヴァ云々よりも自衛隊の描写目当てで観に行ったのもあるけどねw
でも「実際ゴジラが東京に現れたら…」というちょっとしたシミュレーション的な展開で面白かったよね。
「実際にああなった時に陸・海・空の自衛隊にどうされるのか直接聞いてみた」という記事とかもネットに出てて、読んでると「なるほどなぁ」という内容のものがあったりで、そういった方面の話に波及できるほどの濃いリアルな描写が、このシン・ゴジラの一番面白かったところというか見所になってるなというか。

最後の謎の尻尾(?)のシーンは「ん?何だこれ?」と見入ってるウチに終わっちゃったので、イマイチよく覚えてないんだけども。(笑
でも何か強烈なメッセージなようには感じたし、僕も「劇冒頭で死んだとされる科学者説」なようには思ってる。

ああいう表現手法は…なんだろね、昔から結構あったと思うんだけど、エヴァがこの手の演出で強烈だったのもあって今までアニメや漫画にあまり興味なかった人も惹き付けた結果、それが変な方面にまで広がり過ぎたことでどうしても受け付けない人も増えて、結局は根っからのアニメ・漫画好きの人しか付いて来れなくなって今に至る…みたいな感じじゃないの?
なんかよく分からんけどw

ほら、日本でもバブル時代にロック音楽が凄く流行って、みんながロック音楽をするようになったけど、突き詰める人はメタル音楽に変化したり一般受けしない濃い音楽に進化したりして、付いて行けない一般大衆がみんな引いて行って流行りが収束する…みたいなのと同じかなぁ、なんて。

僕もアニメや漫画は好きだけど、良いか悪いかは別にして、今はオタクに媚びたオタクにしか受け入れられないような作品がほとんどになっちゃって、今のアニメとかにはもう興味ないというか付いて行けないもんね。

あれ?何の話だっけ?(汗

URL | yukki71 #-

2016/08/22 13:50 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/770-9626c773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。