POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

ピッキング フォーム編 その2 

さてさて、それではまずピッキングのフォームについて

お話ししてみたいと思います。

ピッキングとは…

"ピックで弦をハジいて音を出す"

という事ですね。

で、いざピッキングする際には

いくつかのフォームスタイルがあります。

指を全部丸めて(握って)しまうスタイル。

ピックを持っている以外の指はピンッと伸ばし

手首の運動だけで演奏するスタイル、

ピックを持っている指だけで弾くスタイル、

ピックを縦に持つスタイル…等など。

中には名称(?)があるスタイルもある様ですが、

基本的には…ぶっちゃけ何でもイイんです。

自分がギターを持ってみて、何も考えずに

パッと構えてみた時の右手の形。

それが多分、自分に一番自然な形だと思います。


よく「○○なスタイルはアレが出来ない」とか

「コレをするにはこのスタイルじゃないと」とか、

スタイルによって演奏を出来るか出来ないかを

論争している声を耳にしたりしますが、

多少の差はあるにせよ、基本的には関係ないです。

なぜならそれはスタイル云々ではなく、

弾く時の動作の問題だからです。


野球選手がヒットを打つバッターは

皆同じフォームですか?

ホームランを打つ選手は皆同じフォームですか?

個々それぞれのフォームでも ヒットも

ホームランも打てますよね。

それは どの選手も構えからボールを打つまでが

理に適った動作をしているからです。


ギターも同じで、理に適ったピッキングの

動きをしていれば、構え方なんて何でもイイのです。

「このフォームだから弾けないのかな…」

と悩んでいる方は、フォーム云々以前に

根本的にどこか無理(無駄)のある弾き方を

している可能性があるので、少し違うところを

意識して考えてみましょう。

少し弾き方を変えてみるだけで、突然「あれ?」と

思うくらい弾けるようになったりしますよ。


フォームとは、自分と自分のギターに合った

一番リラックス出来るフォームをとる事が

重要だと僕は思います。

そして、弾いているウチに自分で修正し

日々変化していくものであり、

"弾く時にはこうしなければならない"

なんて事はないのです。


※ ※ フォーム編 その3へ ※ ※

※ ※ フォーム編 その1へ ※ ※



カテゴリ: ピッキング

[edit]

Posted on 2010/08/18 Wed. 19:57    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/9-8174c4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。