POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

スケール その2 

さてさて、それでは「スケールとは何ぞや?」

ということを、ちょこっと僕なりに説明してみます。


一応ここでは、スケール入門の方を対象にしますので

手っ取り早く理解できるよう、とても大雑把に、

そして簡潔に解説していきます。

細かいところはスケール本や理論書を各自で

手に取って追求してくださいね。

この説明を読んで頂いた上で、今までそういうモノに

手を出せなかった人が「なるほど!」と思って

この手のモノを 手に取れるように背中を押せれば、

と思っておりますです。


ではでは、スケールとは。

スケールとは言ってみれば音階のことです。

ドレミファソラシド です。

皆さん、幼稚園や小学校で鍵盤ハーモニカとか

触りましたよね?

そしてその時、どこが"ド"とか鍵盤にシールを

貼ったりして一生懸命 覚えたりしたと思います。

それをギターでするだけなのです。

ただ、鍵盤楽器の場合そのまま単純に隣接して

ドレミファソラシドレミファソラシドレミ…

と並んでいるだけなので、簡単に覚えれたと思います。


ギターの場合はこれが6弦分ありますので、

1つ1つ何弦の何フレットが"ミ"で…とか、

そんなんやってられません。

究極、最終的には覚えてしまうのですが、

ただ闇雲に覚えようとしても時間が掛かります。

ギターの場合、ドレミファソラシドを覚えるには

一塊の形で覚えます。


まずはこちら。

suke-ru1.jpg

スケール本とか、軽くでも見たことがある人は

こんな形で書かれているモノを目にした事が

あると思います。

まずは、このタブ譜を見て弾いてみましょう。


どうですか?

「ドレミファソラシドや~」となったでしょうか?

このオセロみたいな図はこういう風に読みます。


これは鍵盤楽器で言うと、♯も♭もない

普通のドレミファソラシドのポジションです。

今、ポジションと言いましたが、そうなんです。

ギターって、ドレミファソラシドをこういう風な

"形"で覚えていくのです。

この図の様な6弦から1弦に掛けて1つの塊になっている

ポジション(形)のことを ボックスポジションと言います。


この図は5フレットから8フレットまでの

1つのポジションですが、これが3フレットから

オクターブ上の15フレット辺りまで、

それぞれ違う"形"でポジションが存在します。

スケールの内容によって数は変わってきますが、

指板上には大体 5個~6個のポジションがあります。

それらはスケール本などで載っていますので

各自で他のポジションは調べてくださいね。

そしてその5個~6個のポジションを覚えるだけで

なんと…勝手にギターのドレミファソラシドを

覚えたことになるのです。

これがギターの世界で言われるスケールというモノです。


で、とりあえず今は この"ポジション"を弾いただけなので、

どこが"ド"とかはまだ解かっていないと思います。

次回は、このポジションを使ってドレミファソラシドの

覚え方、必要なこと、意味などを解説していきます。


今回は、まずは紹介したこのポジション(形)を

6弦から1弦まで行って、今度は1弦から6弦まで戻り

これを繰り返し弾いて覚えてみましょう。

この時、練習の際にはタブ譜に頼るのではなく、

極力この"形"を意識して覚えるようにしましょう。

指板をパッと見ただけで、このオセロ図の形が

浮かんで見えるくらいシッカリと"形"で覚えましょう。

雰囲気的にはコードを覚える時のような感じです。


巧く弾く必要はありません。

形を覚えることが目的なので、ゆっくりで構いません。

とにかく反復して弾きまくり、覚えましょう。



カテゴリ: スケール

[edit]

Posted on 2011/02/02 Wed. 14:30    TB: 0    CM: 14

この記事に対するコメント

おお!わかりやすいです!
スケールって奥が深そうですね
次回も楽しみです

URL | タオン #-

2011/02/02 18:27 * 編集 *

わかりやすい説明ですね!
良いスケールの復習になりました

次回も期待してます

URL | ポン酢 #-

2011/02/03 11:42 * 編集 *

こんばんは^^

記事、すごく分かりやすいです!
私もおじに練習方法を聞いたとき「とにかくスケールを弾きまくれ!」って言われたことがあったんですけど無視してました^^;

今、地獄のメカトレで練習してるんですけど、やっぱりスケールの本も買って練習したほうがいいですよね?

URL | shiyo #-

2011/02/03 23:39 * 編集 *

初めまして、プーと申します。
これからよろしくお願いします。

少し気になったのですが、上のスケールは6弦側がラの音から始まっていますが
シの音から始めたい場合は7フレットから上の図と同じ運指で弾いても良いのでしょうか?
それとも#や♭にならいドレミファソラシドを見つけて運指を変えなければいけないのでしょうか?

質問だらけになりましたが最後に教えていただきたいのですが。
上の図のスケールをA→B→Cの順に移行して行く際にBのポディションで押さえた所をCの時にも押さえても大丈夫でしょうか?
アドリブなどをするときにそこだけが気になってしまいます。

宜しければ教えていただけると幸いです。
長文失礼しました。

URL | プー #SFo5/nok

2011/02/04 00:50 * 編集 *

Re: タオンさん

かな~り端折ってますけどねw
理解してもらえてると嬉しいです(´∀`)

URL | yukki71 #-

2011/02/05 18:19 * 編集 *

Re: ポン酢さん

かなり端折りまくった説明の仕方をしてるので、とりあえず誤解だけはないようにしないとね。。。
次から書いていく内容なんて相当大まかに書きますので、既にポン酢さんみたいにスケールを解かっておられると、あまり見ない方がイイかもしれませんww

URL | yukki71 #-

2011/02/05 18:21 * 編集 *

Re: shiyoさん

「スケールを弾け!」というおじさんもアツいですね!w
でも実際ギターってそうなんですよね…そこを知らないでいること程、無駄なことはないと僕も今は思えます。

おぉ…地獄シリーズですか。
僕も2冊程持ってますけど、やっぱりアレは一通りギタースキルがある人用ですね(汗
アレも同じく、内容を奏破したところで「これしか弾けない」で終わってしまうので、やっぱり基礎知識、基礎理論を理解する必要があります。
地獄シリーズもその辺は軽~く触れていますけど、逆に基礎知識や基礎理論を理解した上で地獄シリーズにチャレンジするのは結構強力なスキルアップ本だとは思いますよ(^^)

URL | yukki71 #-

2011/02/05 18:31 * 編集 *

Re: プーさん

はじめまして&いらっしゃいませ(´∀`)
こちらこそヨロシクお願いします~。

さて、ご質問内容ですが、1つ目のご質問は…そうです、今回のこの形とは違う7フレットから始まるポジションが存在します。
7フレットから同じポジションで弾いた場合、それはKeyが変わった状態になったり、違うスケールの種類になったり…と、まぁその辺は次回以降説明していくつもりです。
いわゆるアドリブをする際の理論的な部分ですね。
そこに「?」となるのは、良い質問ですよ(^^)

2つ目の質問は、申し訳ありません…ちょっと内容が読み取れませんm(_ _)m
A→B→Cというのは運指?音階?コード進行のことでしょうか?

URL | yukki71 #-

2011/02/05 18:42 * 編集 *

お返事ありがとうございます。

なるほど。
運指は同じだけれどもKeyが変わると言う事になるのですね。
A〇〇スケールからB〇〇スケールってな具合ににKeyだけ変わるって感じですかね><
(〇〇はペンタトニック?とかのスケール名です;)

分かりにくい質問ですみません。
上の図のスケールをラの音、シの音、ドの音から始まるようにポディションをズラして弾いた時に。
シの音の時に押さえたポディションをドの音の時に押さえても良いのでしょうか?


スケールと言うのはやっぱりAから始まるとかよりもルート音と呼ばれる位置から弾くのが正しいのですかね?

URL | プー #-

2011/02/06 09:45 * 編集 *

・・・や、やっと書き込めたε-(´∀`*)
いやーここ数日FC2から謎の書き込み制限くらってからずっと書き込めずに、ググったり問い合せメールしたりとえらい試行錯誤してましたw
FC2と死闘を繰り広げた結果・・・勝利!!
というのは言い過ぎかw

ふむふむ。なるほどですね。
自分も昔とりあえずスケールに触れようとしたことはあるのですが、まず文字を読むことから挫折・・・!
「ペンタトニック?なにそれ?ドリアン?おいしいの?エオリアン?エイドリアン?それロッキーや!」
と言ったように、得体も知れないわけのわからんカタカナに拒絶反応おこしてましたが、やっぱりyukkiさんはそのあたりをおわかりになってるんですね!

なんというかなぁ、yukkiさんの説明っていきなり「はい解説しまーす」じゃなくて、まず入口を作ってくれる親切設計だから自分のような初心者にも相当分かりやすいです!助かります!

URL | ジャック #Fc6r4EsA

2011/02/07 00:44 * 編集 *

Re: プーさん

そうです、そうです。
今回の質問の場合、AmキーのスケールがそれだとBmキーになっちゃうって話です。

う~ん、なんだか難しく考え過ぎてるような気がしますねぇ。
一応プーさんの言わんとしてることも解かりました。
でも、さすがにそこをこのコメ欄で全て説明は無理もありますので、その辺の内容も合わせて次回のスケール話で書いていこうと思います。
実際、もうちょっと進んだ内容のご質問でもありますので(^^;)

アドリブと言っても、も~っと単純明解で簡単な話ですよ(^^)
気楽にゆっくり行きましょう♪

URL | yukki71 #-

2011/02/10 21:49 * 編集 *

Re: ジャックさん

謎の書き込み制限て何よwwww
もし僕の知らない間にコッチ側で変な規制が掛かってて見れないとかだと、すぐに言ってね。

いやぁ、そう言ってもらえると嬉しい。
でも何でこういう書き方をするかと言うと…僕もまさにジャックさんと全く同じ状態だったからwww
「ミクソ…リディアン??なんだ…このクソミソな名前のスケールは…」みたいな感じ。
そもそも何から覚えて何をどう使ったらイイんじゃい!!??って具合だったもんで(^^;)

多分、独学の人って殆どそうだと思うんですよ。
スクール通ってたりすると、何事にも順に道を歩んで行くので、スケールとかも「はい、次の扉~」みたいな感じで入れるんだと思ってますけど、全くバラバラな道を歩んで来て無知な人間にいきなり理論的な所に放り込まれても、どうしていいかサッパリ…て、なりますよね。

そして今回いきなりスケールの話をしたのは、やっぱりジャックさんも然りで、独学故に次に進めず(進まず)にせっかくの技術をフルに活かし切れず、勿体無いことをしてしまっている人がかなり多いんですよ。
やっぱりそういう人の背中を押してあげたいなぁと思い立ちまして。

でも、いくら簡単に説明すると言っても、全くの独学の人にはちょっと難しいことも出てくるかもしれないけど、頑張って付いてきてみて!
僕も全くの独学で今に至るので、必ずなんとかなるハズ。

URL | yukki71 #-

2011/02/10 22:03 * 編集 *

スケールかぁ!
自分もコピーばかりするばかりでスケールも当然覚えてなくアドリブにも
手が出せてない状態です(´_`。)

悩んでいる独学プレイヤーって僕に心あたりがありすぎるww

表現の幅を広げるためにスケールに挑戦してみます!


URL | シルフィ #-

2011/02/15 22:11 * 編集 *

Re: シルフィさん

表現の幅を広げる…というよりは、知っておかなければコピー以外、それ以上の事は何も出来ない、と思っておいた方がイイです(^^;)
アドリブをすることがスキルを上げるのではなく、必要最低限の知識を得る事が全てにおいてのスキルを上げる、ということです。
アドリブというのは、その必要最低限の知識の上に成り立つものであるということを理解した上で頑張ってみましょう!

URL | yukki71 #-

2011/02/18 15:49 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gda03custom.blog92.fc2.com/tb.php/99-a09dc171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。