POPでRock!!

※まずはカテゴリより『はじめに』をお読みくださいませ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

退院 



避妊手術も無事に終わり、マルコは8日に家に帰って来ました。 ※画像は手術以前のマルコ

迎えに行った日は、12時間くらい寝た寝起きのオッサンみたいな顔になってましたが、家で一晩ぐっすり寝たら元に戻ってました。(笑

麻酔が残ってたりもするのでしょうが、痛みや不安感、緊張などで病院の方ではロクに寝れなかったんだろうなぁ。。。

それでも先生は「お腹が減ってたのもあると思いますけど、朝ごはん綺麗に全部食べてくれましたよ」とのこと。

先代のポン太はそういうことに凄く敏感で、死にそうになっても家以外のエサや水は一切口にしなかったので心配してたのですが、

その辺りは、のん気というかマルコの性格というか、取越し苦労だったようで良かったです。

まだ本調子ではありませんが特に痛がったりすることもなく、既にいつも通りのマルコに戻って元気にしています。

はぁ~、なんだかこっちも一安心でやれやれ。。。


ちなみにマルコが我が家に来てまだ7ヵ月ですが、マルコが居ないだけで我が家の生活にもう違和感が出るようになってました。

ホント、こんなに小さくても犬が人間に与える力とは凄いものです。

よく頑張りました。



カテゴリ: マルコ

[edit]

Posted on 2016/10/09 Sun. 17:53    TB: 0    CM: 0

命のために 



ブリーダーさんにてマルコを授かった頃から悩みの種だったアレがついにやって来ます。

そう、避妊(不妊)手術です。

先代のポン太は男の子でしたので去勢手術をしないと病気になるとかそういう心配も特に無く、飼い主がシッカリと見ていてやれば

人様に迷惑を掛けることもないだろうし、何よりも人間の都合で去勢をしてやるのは可哀想だということで手術はしませんでした。


でもマルコのように女の子の場合は避妊手術をしないと、年齢を重ねるごとに子宮、卵巣、乳腺などに病気を発症する確立が

どんどん高くなってしまい、7~8歳辺りから病気になるその確立は80%を超えるというものだそうです。

もちろん手術をしなくても病気にならない子もいますし、手術をしても何らかの病気になってしまう子もいます。

でも早ければ早いウチに手術をすることで病気になるリスクを大きく下げることができるそうです。

仮に今の時点で手術はせず病気になってから手術をしても手遅れになるなんてことはないそうなのですが、

その場合は高齢での手術となると身体が麻酔に耐えられるかどうかという体力面でのリスクが出てくるので

やっぱり先のことを考えてやると、若くて体力のある今のウチに手術をしてやるのがベストなのかなと。


そして手術をするに当たって今まで通っていた動物病院では病院のシステム上、少々こちらに都合が悪いことも多く、

今回新たに調べて違う病院へ診察に行きました。

業界的に避妊や去勢の手術というモノ自体はそんなに難易度は高くなく、どこの病院でもまず心配はないそうですが、

でもやっぱり手術は手術ですし、飼い主としては身構えてしまうのも当然で、ここは1つ腕の良い獣医さんを選ぼうと。

人間に対しての医師でもそうですが「リスクがリスクがリスクが…」ということばかり言う凡医者とは違って、

腕の良い医師はそのリスクを当然踏まえた上で「やります。大丈夫です。任せて」とハッキリ言える医師が本物の医師だと思う。

まぁ医師に限らず何の仕事の世界にも言えることだとは思いますが。

少々話しが逸れましたが、新たに選んだ獣医さんは素晴らしい先生でして、病院を変更して正解だったなと。





IMG_0297.jpg

というワケで、7日に手術をしてもらい8日にお迎えというスケジュールで手術が決まりました。

1拍2日ではありますが、マルコにとっては初めてのお泊りでもあります。

そして今晩から絶食だけど、頑張れよー。


マ「ふっ、手術…か」



カテゴリ: マルコ

[edit]

Posted on 2016/10/06 Thu. 11:21    TB: 0    CM: 0

初体験 



マ「おむつモード!」


とうとうマルコに女の子の日がやってきました。

先代ポメのポン太は男の子だったのでワンちゃん用のおむつなんて使ったこともなく、いざ履かせようとしても逃げるわ噛むわで

おむつ履かせるのにオカンと2人掛かりでてんやわんや。。。

さて、何とかおむつを履かせることに成功したワケですが、ここで1つ疑問が。


「ウンチの時どうすんの、これ?」


まぁ我々が活動中はイイですよ、マルコは催した時にはウンチしたいアピールがあるのでその間におむつを外してしまえば。

問題は就寝した後。

マルコは2階でオカンと一緒に寝てるのですが、オカンが朝起きた時には大体ペットシーツの上にウンチがしてあるそうな。

でも、おむつしてると…毎朝マルコのお尻が大惨事やな。

一応おむつには尻尾を通す穴が開いていて、その穴を裂いて拡張することでウンチもそのままできるようにはなっているのですが、

それは毛の短いチワワやダックスのような子の話で、ポメなんかはおむつを履かせると自慢の長い毛でお肛門様を覆ってしまうのです。


しかし、こればっかりはあれこれ言ってても今はどうしようもないので覚悟を決めて就寝し、恐る恐る朝を迎えたところ…。

あら不思議、マルコは朝おむつを外すまでウンチをしないじゃありませんか。





IMAG0222.jpg

マ「あたいを甘く見るんじゃないよっ!」


女の子の日は1週間~10日程ということですので、おむつモードもあと数日の辛抱。

今のところ運良く(?)大惨事を迎えることなく毎朝クリアしておりますが、女の子のポメを飼っている方はどうされているのでしょう?

ポメに限らず毛の長い犬種は皆同じような状態になると思うのですが…。

最近ではマーキングなど粗相をしてはいけないような場所用に「マナーウェア」としておむつを用いることもありますし。

まぁこれも色々と経験&勉強ですな。



カテゴリ: マルコ

[edit]

Posted on 2016/08/26 Fri. 22:37    TB: 0    CM: 6

お墓参り 



お盆休み、家族全員うまく時間が合ったのでお墓参りへ行ってきました。

今回は久しぶりに兄貴のカングーで出撃。

いつもチンクで行く時は助手席でオカンに抱っこされながらの移動ですが、「今日はマルコも広々空間~」と余裕かましてたら…

初めてリバースしちゃいました。。。

後部座席でゴロゴロしたりしてたのが余計に酔ってしまったみたい。 ←あ、リードはちゃんとオカンが持ってます

暑かったのもあるだろうけど、とにかくカングーは無駄に揺れるしね…。

抱っこして、ある程度拘束してやった方が余計な揺れを感じずに酔わなかったかも。

この写真を撮った数分後にリバースしたので、今見ると心なしか気持ち悪そうな顔をしているような気もする。(笑





IMG_1596.jpg

帰りは僕が後部座席に座り、マルコとオカンが助手席に。

できるだけエアコンの冷風も当ててやって、帰りはなんとかリバースせずに大丈夫でした。

この日は特に暑かったのでポメに限らずワンコにとっては厳しかったと思います。

窓面積と室内空間がデカいカングーは冷房も全然効かないですしね。。。

まぁマルコはよく頑張ってくれました。


マ「散々な日や~」



カテゴリ: マルコ

[edit]

Posted on 2016/08/19 Fri. 12:10    TB: 0    CM: 0

大人の階段登る 

IMG_1568@.jpg

マ「パタリロ」


久しぶりにマルコの成長記をば。

前回マルコに関することを書いたのは歯が生え変わる時でしたね。

「犬歯が残ってしまわないか心配だ~」と書いておりましたが…残念ながら案の定、犬歯は残ってしまいました。。。

見事に上下両方共に残って、犬歯が2本ずつの計8本となっております。

現状は特にお口のトラブルなどはありませんが今後の事を考えて、いずれは抜いてもらいましょうかね。


でも残念なことばかりでもなく、良い傾向のこともありまして。

かつて非常に心配していた亜脱臼の件ですが、最近はめっきり脱臼症状を起こすことが随分と無くなりました。

身体が成長してきたからでしょうか、不思議なものです。

このまま行けば特に手術を考える必要もなさそうですし、これまた一安心です。 良かった良かった。

心の方も成長してきたのか、家の者が離れた時に心細くなって鳴くことも無くなってきました。

この写真もマルコが僕の部屋で寝ている時に撮ったモノですが、今までは僕の部屋で寝ることなんて無かったので、

これも1つの成長の表れなのかなと。

家族(群れ)として認識し、落ち着けるようになってきたのでしょうか。

放っておいて仕事をしててもスヤスヤと寝ていてくれるので楽になりましたよ。(笑


今では体格も安定し、体重は3.8~4kgをキープ。

ポメラニアンの適正体重が2~4kgなので、これは飼い主としても1つの安心要素です。

先代のポン太は11kgとかでしたし。(汗

ポン太の場合は決しておデブで11kgではなく、骨格がデカくて身体自体が大きなポメラニアンでした。(←先祖返りがあるらしい)

身体も頑丈でケガなんて一切無かったですし。

それから考えると4kgのポメラニアンなんて我が家からすると、もう小さくて小さくて。

まぁ、あまり身体が小さ過ぎても骨折とか恐いですし、ある程度シッカリしててくれる方が安心して飼ってられますしね。


まだ成長途中ですし、まだまだ色々と性格も変化があったりで楽しく過ごしておりまする。



カテゴリ: マルコ

[edit]

Posted on 2016/08/09 Tue. 22:41    TB: 0    CM: 2




プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

リンク

QRコード

にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。